11月のおすすめBL漫画ベスト5を選んでみました。

1年分のベスト20とかを選ぶのは大変ですが、月ごとのベストはさくさくと簡単に選べそう。とか思っていたら、意外に悩むんですよね。

その時の気分とか、月の最初の方に読んだものは忘れがちだとか、なるべくバラエティ豊かな顔ぶれにしたいなとか、いろいろ考えると迷ってしまいます。(それが楽しいんですが)

それでは以下11月のおすすめBLコミック5冊です。ランキングではなく順不同です。
一生続けられない仕事

おかえりなさい山田ユギ先生。やっぱり好きだー!



編集長を好きになったワケですが。

「宝物見つけました」からのスピンオフですが、前作よりもこちらの方が私は好みです。BL誌の編集長×編集者のカップルに加えて漫画家×書店員もあって、かわいかったです。



どうせ掘るなら深い穴。

青年誌界から黒船来航!という帯に惹かれて読みましたが、力強さがある絵柄にエロもたっぷりで楽しめました。



つま先から愛されて 嗅いで、舐めて、擦りつけて。

あまり期待しないで読んで(失礼)、「おっ」と思った作品。足フェチものです。ちなみに今年の手フェチものなら、佐久本あゆ先生の「お手を拝借」 がおすすめです。



やぎさん郵便

完結しました。よかったあ。ほんとこの作品を追いかけてきて良かったです。

やぎさん郵便

やぎさん郵便

やぎさん郵便



オマケ


トモダチ以上のこと、シたい。

もともと電子書籍のバラ売りで読んでいましたが11月に単行本にもなったこちら。

厳密に言うと11月以前に電子配信されていたので今月に入れるかどうか迷いましたが、今回はオマケとして入れました。かわいい絵柄も好みです。



11月はいつもに比べると買う冊数は控え目でしたが、みんな中味が濃くて楽しい1か月でした。12月もまたリア充ならぬBL充として過ごしたいです。

関連記事