このBLがやばい2016年のコミックランキング1位から20位に続いて、21位から30位も見ていきたいと思います。

20位までは多少意外なところもありましたが、おおむね順当な感じでした。大番狂わせはなかったかなと思います。

このBLがやばい2016年ネタバレ感想 1位から20位

惜しくもベスト20には入れなかった作品は、21位がまさかの同率の6作品(!)という横並び状態です。

このBLがやばい2016年ランキング 21位から30位 ネタバレ感想

21位

俺と彼氏の恋の果て

うわあ、あと1歩でベスト20入りでした。「俺と上司の恋の話」「俺と部下の恋の先」ときてシリーズ最終巻です。1巻でイマイチだった人も、これはほんと最後までぜひ読んでほしいです。

3巻とも1チケット(108円)で読めるとか、いいんですか?って感じです。

俺と彼氏の恋の果て

俺と彼氏の恋の果て

俺と彼氏の恋の果て



21位

カーストヘヴン 1

カーストヘヴン1巻 ネタバレ感想

「終わらない不幸についての話」に票を持っていかれたかなという印象ですが、こちらも怖くて続きが気になりすぎです。ひーどうなるのどうなるの!

カーストヘヴン 1

カーストヘヴン 1

カーストヘヴン 1



21位

山田くんと田中課長

山田くんと田中課長 ネタバレ感想

ちっちゃくなった田中課長のお話キター!萌えの塊です!私がすごく好きなやつですハアハア。あまりにも田中課長がかわいくて鼻息荒くなるレベル。

今まであちこちで描かれてきたオマケ漫画をまとめたものですが、BLかと問われると微妙なところながらもほっこりと癒されるので、世の疲れた女性陣には特におススメです。

うわああ好きだー!(疲れてるらしい)



21位

色咲き

色がテーマになっている短編集です。四宮しの先生の作品はこれが初読みだったんですがふんわりしたタッチの絵柄に独特の感性のお話で心に残っています。

カラー絵が水彩画のようで優しくて好きです。

色咲き

色咲き

色咲き



21位

春風のエトランゼ1

春風のエトランゼ1巻 ネタバレ感想

「海辺のエトランゼ」の続編です。まるでジブリのような優しく懐かしい作風に、温かい気持ちになれるお話。気になるところで終わっているので早めに続きを知りたいです。



21位

錆びた夜でも恋は囁く

3位の「恋愛ルビの正しいふりかた」シリーズ1作目。ここからおげれつ先生の大躍進が始まりました。



27位

好物はいちばんさいごに腹のなか

好物はいちばんさいごに腹のなか ネタバレ感想

ネコ耳種付け発情オムニバス。ケモミミ系が好きな人はきっと気に入るかと。ネコ耳は正義だ。と思っていたし今もそれは変わりないのですが、東京都の有害図書に指定されました。

正直、えっこれが?という感じなのですが、すでにアマゾンも商品ごと削除されています。はあ。。。BLが目を付けられているというふうにしか思えない。



27位

世界一初恋

エメラルド夏の号世界一初恋ネタバレ感想 小野寺律の場合21

27位は同率2作品でした。初恋こじらせ系王道の長期連載はこの位置にランクイン。ツンツンりっちゃんがデレる日まで私は雑誌でもずっと追い続けます。

ちなみに「純情ロマンチカ」は63位でした。



29位

眠り男と恋男

座裏屋蘭丸先生の18禁同人の単行本化ですが、東京都の有害図書に指定されました。アマゾンではKindle版のアダルトカテゴリで買えます。同じく有害図書指定された「ペット契約」は51位でした。



30位

よるとあさの歌

これは発売が9月なんですが、9月でこの順位に入るとはすごい。バンドって設定としては使い古された感じで難しいと思うんですが、そこははらだ先生の手によればですよ。

毎回毎回どうしてこんなにもぐっとくるものが描けるのか。



21位から30位は同率が多くてほぼ横並びです。実質どれも上位にいてもおかしくない作品ばかりだし、ベスト20もですが、すべて同率順位でもいいくらい。

でもそれではランキングにならないから、あくまでも順位を付けるとしたらということで、それはそれで楽しくてワクワクします。

「このBLがやばい2016」は対象作品が2014年10月から2015年9月なので、発売日によって有利不利があるのは仕方ないことです。

あまり早過ぎても記憶が薄れるし、遅すぎても多くの人に読まれないまま投票時期になってしまう。難しいところです。

9月末に発売になった作品は一番不利で、今回だと例えばまさお三月先生の「夜が明けても」がギリギリ9月30日に発売でした。(それでも74位に入っているのがすごい)

31位以下は、気になる作品のみをピックアップして語りたいと思います。

このBLがやばい2016ランキングネタバレ感想 31位以下の気になる漫画

こういうまとめを書いていると、ああ年の瀬だなあとしみじみ思います。たくさんBLコミックを読めて、幸せな2015年でした。

昨年までの各年のランキングの感想はこちら。すべてネタバレしていますが選本の際の参考になれば。

このBLがやばい!2015年度版 ネタバレ感想

このBLがやばい!2014年度版 ネタバレ感想

このBLがやばい!2013年度版 ネタバレ感想

このBLがやばい!2012年度版 ネタバレ感想

このBLがやばい!2011年度版 ネタバレ感想

このBLがやばい!2010年度版 ネタバレ感想

このBLがやばい!2009年度版 ネタバレ感想

このBLがやばい!2008年度版 ネタバレ感想 

「このBLがやばい2016」BL漫画ランキング

BLコミックスはその他各電子書籍サイトでも発売されています。ご利用の状況に合わせてどうぞ。


関連記事