マザーズスピリット ネタバレ感想です。

やられた!ガツンとやられました。エンゾウ先生の異文化コミュニケーションBL、ジャンルとしては部族BLです。そんなジャンルあるかはともかくカタコトBLとも言えましょう。読めばわかるカタコト攻めの魅力。

11月末に発売され失礼ながら私は表紙右のガチムチ系ロン毛の彼にあまり心惹かれず、まあ後でいいかと12月に入ってから読みました。

いやもうガチムチ彼氏のカルタカがかっこよすぎでかわいすぎでいい男すぎです。すぐ読まなかったことを後悔するくらいに超萌えてゴロンゴロンしちゃいました。

これは来年のいろんなBLコミックランキングに入ってくることになりそうな今年の名作の予感がします!

マザーズスピリット 電子書籍



マザーズスピリット 感想 ネタバレあり


未開の地からやってきた留学生


いつも無駄にテンションの高い理事長がジャングルから連れてきた、留学生のカルタカ(攻)の世話を任されることになった大学職員の稜一郎(受)

カルタカは自国で言葉や文化について準備万端でやってきた留学生ではなく、未開の土地で暮らしてきた少数民族です。

話せる言葉は部族語のみ。日本語はおろか英語すらちんぷんかんぷんな人が、突然外国のそれも先進国の最先端に連れてこられるというトンデモ設定です。

そりゃ戸惑いますねこんなの。違う世界に来ちゃったというかんじです。

キスを覚えたカルタカはレベルが1上がった


でも真面目なカルタカは腐らず、慣れない暮らしの中でも故郷のために一生懸命生きようと頑張ります。

テレビやスマホ、トイレのウォッシュレットにびびったり(このへんテルマエロマエを彷彿とさせるおもしろさ)、てんやわんやしながらも異文化の暮らしに馴染もうと奮闘するカルタカ。

身体は筋肉質なガチムチですが中身はとってもピュアないい男です。こういうポジティブで真面目な青年にはとっても好感がもてます。

少しずつ惹かれあっていく2人


そんなカルタカと一緒に暮らしてお世話をする稜一郎は、カタコトで話し一生懸命なカルタカを見ているうちに、その内面に少しずつ惹かれていきます。

カルタカのほうも、なんだかんだと気にかけていろいろと教えてくれたり世話を焼いてくれる稜一郎に対して「リョウイチロウ、リョウイチロウ」とよく懐きます。

こんなにピュアで一生懸命なカルタカに懐かれたら誰だって悪い気はしません。しかも一緒に寝るというカルタカの部族特有の習わしがあったりとか最高か。こんなの誰だって落ちます。

片言のコミュニケーションゆえに、お互いに思うように交流できるばかりではない歯がゆさを感じながらも惹かれていく2人。

テレビを見てキスを覚えたカルタカが稜一郎にキスをしてはまっていくのも、とても自然な感じなのになんかエロくて、なのにピュアという最高の展開でした。

カタコト攻めの破壊力


しかし、いつかは自分の部族のもとへ帰ってしまい結婚するであろうカルタカのために、稜一郎は身を引こうとします。

最後に1回だけHをしようと提案するという切ないシーンの稜一郎の姿が健気でもうもう!稜一郎の背中から噛みついちゃうカルタカも男くさくてかっこよかったです。

初めて同士のエロなので初々しさもありつつ、稜一郎が自分でほぐしたりと身体をつなぐために健気にがんばるのも、その後ちゃんとカルタカがやってあげるのも素敵でした。

魂に惹かれたという最後のプロポーズにもジーンときます。飾ることのないどストレートな求愛はこんなにも人の心を打つものなんですね。エンゾウ先生ありがとう。

しっかしカルタカの「りょういちろう、すき」「さわる、したい」「いやだ、する」とかのカタコト攻めの破壊力がすごかったです。カルタカは一生懸命つたない日本語で自分の気持ちを伝えようとしているだけなのに、この威力たるやハンパない。

稜一郎がドギマギするのも無理はありません。しかもイケメンだし。カタコトBL、新しいジャンルになりそうです。これはハマる。

カルタカのまっすぐさも好感が持てるし男らしいし、稜一郎じゃなくてもこんなの絶対きゅんきゅんしますね。イケメンだし。

感想まとめ


タマシイを持っていかれました。

口コミがとてつもなく好評なのも納得の1冊です。まるごと1冊表題作でコミカルに笑いながらも国籍や文化の違い、性別を超えたところにある魂の惹かれあいにぐっときました。

ガチムチや筋肉が好きな人も、逆にちょっとそういうのは苦手な人にもぜひ読んでほしいです。みんなまとめてタマシイをもっていかれてしまうことでしょう。

無理のない展開が読み応えたっぷりで、読後はすごく幸せな気持ちに浸れるので、BL初心者から玄人まで万人におススメできる名作だと思います。読んで良かった!大満足です。

最高の萌えを提供してくれたエンゾウ先生に感謝です。次回作も首を長ーくして待っています。

追記)カルタカ×稜一郎の続編が始まりました。

マザーズスピリット2巻1話 ネタバレ感想

エンゾウ先生のBLコミックス






関連記事