「ジェラテリアスーパーノヴァ」ネタバレ感想です。

キタハラリイ先生の初コミックスで、単行本の発売前にドラマCDになることが発表され、あちこちで大きく話題になった作品です。

ジェラテリアというのはジェラート屋さんのことでスーパーノヴァは店名ですが、私の中で舌をかみそうなタイトルベスト1ですw

時代はもう「アイスクリーム屋さん」じゃないんですね。ジェラート屋さんなんですね(遠い目)読んだ後にアイス、じゃなくてジェラートが食べたくなります。

表紙もですがコミックス1話ごとのタイトルなども含め、全体的に若々しくスタイリッシュ。キャラメルみたいなセックスが今風でオシャレなBLです。

ジェラテリアスーパーノヴァ 電子書籍



ジェラテリアスーパーノヴァ 感想 ネタバレあり


漫画の発売前にドラマCD化が決定


初コミックスとしては良い作品だと思うのですが、発売前にBLCDに!という話題性が高すぎて評価が低くなりがちなのがちょっと損してしまったかなという印象です。

話題になるのはいいことだと思うのですが、煽りすぎてあまりにも発売前にハードルを上げすぎるのは考えものだなーと思いました。

今から読む人にはあまり関係のないお話ですが、普通に読めばいい作品なのにもったいないことになってしまうというのは宣伝の難しいところですね。

身体の関係から始まる恋


身体の関係だけのネットで出会ったリーマンと大学生の2人が、少しずつ気持ちが変わっていき本物の恋人になるというよくある展開ですが、私はこういう分かりやすい話は嫌いじゃないので楽しめました。

受けの里谷の、好きになったあとのうろたえる姿や赤面顔もかわいかったし、ジェラートの味に沿わせた流れるような展開もオシャレでした。

身体の関係から心もつながるようになるまでの揺れる気持ちや嫉妬心、じわじわ感じる切なさもうまく伝わってきました。

感想まとめ


描きおろしの里谷もピュアか!とつっこみたくなるようなかわいさで思わずニンマリです。

エロもきちんとエロエロしく(重要)ストーリーも破たんせずきちんとまとまっていたので、次回作からどんな色を出されるのかすごく楽しみな作家さんです。

このままオシャレ路線もいいですがキタハラ先生の描くドロ臭いお話もちょっと見てみたい気がします。

追記)好評につき続編が発売されました。



キタハラリイ先生のBLコミックス


はきだめと鶴 ネタバレ感想



キタハラリイ先生のBL漫画一覧

関連記事