純情ロマンチカ42話のネタバレ感想です。

雑誌エメラルドの最新話の感想になりますので、単行本派のかたはお気をつけ下さい。

エメラルド冬の号では、純情ロマンチカの単行本20巻発売を記念して巻頭カラーで登場です。

大学4年生も終わりに近づき丸川に内定も出て、あとは卒論を残すのみの美咲と、美咲兄の息子たちと一緒に遊園地にでかけるという42話です。

感想はネタバレ注意です。

純情ロマンチカ42 ネタバレ感想

冒頭、美咲とウサギさん、そして美咲の義理の姉・真奈美さんとその息子・真浩くんの4人でクマパークを訪れるところからスタートします。

どう考えても変なメンバーでの遊園地。確かにどういう関係なのか、知らない人からすると想像しにくい謎な4人組ですね。

実は美咲のお兄さんの孝浩が仕事で行けなくなった代わりに、美咲が甥っ子の真浩くんをクマパークに連れて行ってあげることになったのでした。

そんな美咲を見逃すはずもないウサギさんが、強引にクマパークについてくるというお約束の(?)展開です。


クマ耳帽子が似合ってしまう22歳の成人男子


園内でクマの帽子をかぶって遊ぶ可愛い真浩くんを見たウサギさんは、案の定、同じ帽子を買ってきて美咲に被せてみたり、皆で写真を撮ったりと楽しく過ごす4人。

美咲はもうすぐ社会人になる22歳の成人男子のはずなんですが、その童顔からクマの耳付き帽子が異様に似合ってます。

美咲のほうもなんだかんだと言いつつクマ帽子をかぶってあげるあたり、丸くなりました。っていうかラブラブですね。


そんな2人を見て「2人っていつもそうなの?」と、美咲がウサギさんに振り回されていることに笑顔を向ける真奈美さん。

美咲は、前に取材でウサギさんとクマパークに来た時に、ウサギさんがその財力をいかんなく発揮して風船を買い占めたりしたことなどを呆れ顔で話します。

が、文句を言っているのにすごく嬉しそうにウサギさんのことをしゃべる美咲に、真奈美さんはクスクスと笑います。

真浩くんとも遊んでくれる義理の弟が楽しそうに暮らしているのは、真奈美さんにとっても嬉しいことなのでしょう。いいお義姉さんです。


美咲の1人暮らし問題


パーク内のお昼ご飯でウサギさんが注文で席を離れた時、真奈美さんが美咲に社会人になって一人暮らしをするなら、家の近くはどうかと提案します。

心配性の美咲の兄の意見でもあるようで、何かあったらすぐかけつけられて、丸川書店にも電車一本で便利だからと言う真奈美さん。

美咲はそれを聞いて思わず言葉に詰まってしまいます。

そうでした。2人のことは美咲の家族にもまだ何も話していないし、就職したらウサギ宅を出るという前提で兄夫婦が話すのも、常識的であたりまえの感覚です。


真奈美さんは、この件になると言葉少なになる美咲に対して不思議そうな、だけど何かちょっとひっかかるような微妙な表情で美咲を見つめます。

でも「強制じゃないし美咲が一番良いと思うことが大事」と、近所に暮らすことを美咲に押しつけたりはしませんでした。

「ウサギさんがのたれ死んでしまうんじゃないかな」と言いつつ話を逸らす美咲ですが、そこへウサギさんが料理を持って帰って来ます。

美咲がコーラを買いに行き席を離れると、口を開くウサギさん。

「失って初めてその大切さを思い知ったとか言いますが、失う前に大切だと思い知っている場合もあるんですよね」

ウサギさんの意味深な言葉に驚く真奈美さん。


義理の姉にバレた!?


そこへ美咲が戻ってきて、ウサギさんと美咲がいつもの言い争いという名のじゃれあいをはじめ、そんな2人に真奈美さんが「二人とも本当に仲良いよね」とまた笑顔になります。

しかし急にじゃれあいをやめ、黙ってしまう美咲とウサギさん。うわあ、ここで黙るとマズいのでは。女性は聡いし勘も鋭いから、分かる人には分かってしまいそうです。

突如訪れた妙な沈黙に真奈美さんが「ゴメン私変なこと言った?」と慌てます。

美咲もこの変な空気をなんとかしようと「そんな事ないから!」と慌ててフォローするなか、ウサギさんは伏し目がちに無言で、真奈美さんにスッと軽く頭を下げました。

また驚いたような表情の真奈美さん。


やはりこの一連の流れで、お義姉さんは確信はなくとも美咲とウサギさんの関係に何かしら気づいたような感じもします。

もしそうだとしても真奈美さんは騒ぐような女性じゃないし、だからこそウサギさんも変にごまかしたりして多くを語らずに、そっとしておいてほしいという意味も込めて頭を下げたのではないでしょうか。

真奈美さんがもしかすると、美咲の身内バレにおいてキーになってくれる人なのかもしれません。というか、そうだといいなあ。

美咲のお兄ちゃんはまさかウサギさんと美咲がそんな関係だなんて夢にも思ってないでしょうし。。。

そのうち美咲兄にウサギさんとのことを話す時がきたら、ぜひ味方になってあげてほしいです。


野分とヒロさんがキター!


みんなで揃って写真を撮ってもらおうと、偶然近くにいた人に頼もうと美咲が声をかけたのは、なんと野分!きゃーヒロさんもいるううう!!

まさかの関係者がこんなところで出会ったことにお互いにびっくりしますが、すかさずウサギさんに挨拶する野分がニクいですw

ヒロさんは美咲の大学の先生、ウサギさんとヒロさんは幼馴染という純ロマの世界ではお馴染みの関係ですが、勢揃いすると豪華ですね。美男美女揃いです。

ちなみに野分とヒロさんは、タダ券をもらったからデートしていた模様。でもヒロさんの手にはちゃんと園内マップが握られていたりして、実はヒロさん内心楽しんでたんじゃ。。。w


ヒロさんの美咲への頼み事


ヒロさんは、ウサギさんの同居人らしき美咲を見て、ちょっと顔を貸せと美咲を連れ去ります。きゃー何を言うつもりなのヒロさん!

・・・と、ちょっと心配しましたがヒロさんもやっぱりいい男でした。「本当は繊細でいろいろと面倒なやつだけど頼む」と、ウサギさんのことを美咲にお願いするヒロさん。

じーん。幼馴染っていいなあ。

ウサギさんたちのところに戻ってきたヒロさんと美咲ですが、その短時間にさっそく真浩と仲良くなっている野分のコミュ力が、職業柄とはいえすばらしいです。

野分は物腰が柔らかいし誠実そうなので、子どもはもちろんですがお年寄りにも人気がありそうですね。


野分&ヒロさんと別れて夜のパレードを見る美咲たち。ウサギさんはヒロさんの勧めがきっかけで今の仕事に就いたことを話します。

それを聞いて「ウサギさんとけっこう長いこと一緒にいるのに自分は何もしてない」とうつむぎがちに寂しく思う美咲。

そんな美咲の心情を見透かしたのか、ウサギさんは「俺はおまえがいなければ生きていけないよ」という殺し文句で美咲の手を握ります。まっ赤になる美咲。


「もう無理だって」「嘘だね」


「俺はお前と出会ってしあわせだ」「お前がいれば世界が輝いて見える」クマパークのパレードの電飾が輝く中、手をつないで歩きながら、幸せをかみしめるようなウサギさん。

穏やかでとても満たされた表情です。そしてそんなウサギさんを見て温かい気持ちになる美咲。。。

ときたらもう夜はこれからですね!

この日のウサギさんは上機嫌で、美咲がもう無理と言っても離してくれません。「もう無理だって」「嘘だね」と執拗にベッドで迫るウサギさん。

美咲は内心「ウサギさんが嬉しいなら自分も嬉しい」「ウサギさんと一緒なら自分の世界も輝く」と幸せそう。。。

この2人はさすがに20巻という積み上げてきたものがあるゆえに、お互いの気持ちはハッキリしています。

お家事情も複雑だったウサギさんが、美咲と一緒にいることで表情が柔らかくなったり、美咲は美咲でほんわかと幸せそうで、まだまだウサギ父のこととかもありますが、2人のことはやっぱり応援したくなりますね。


しばらくして真奈美さんからお礼の電話があったウサギ宅。電話の向こうでは美咲兄が大泣きする声が響いていますw

なんでも真浩くんと水族館に行く約束をしたのに、また仕事が入ってしまって行けなくなったとか。

パパと一緒に行くよりも水族館に行きたいと泣くと真浩くんに「魚以下」と言われたようで、美咲兄までぐずっているというカオスな状況です。

呆れた美咲がまた水族館にも連れて行こうかと提案すると、当然背後からウサギさんが!w締切もなんのその、水族館に行く気満々のウサギさんなのでした。

というところで純情ロマンチカ42話は終了、43話に続く。



アニメは終わっちゃって寂しいですが、まだまだ漫画の方は連載が続きます。もう単行本も20巻という、BLとしては他に見ない長編になりました。

ウサギ父のこともまだまだこれからだし、美咲兄へのカミングアウトもこれから。今回お義姉さんがうすうす勘付いたような気配なので、もしかすると美咲兄のほうが先なのかもしれませんね。

野分とヒロさんが仲良くクマパークでデートしていたのは嬉しかったし、ヒロさんが美咲にウサギさんのことを託したのも、見ていて清々しい気持ちになりました。

ヒロさんは美咲がウサギさんのただの同居人か恋人かは分からないようでしたが、どちらにせよウサギさんが幸せになれるようにと願っているということは伝わりました。

純ロマはいい男ばかり揃っていますね。世界一初恋もですが、カップル同士が会ったり交流したりするのを見るとすっごくテンションが上がります。

あとアニメを見ていてつくづく思ったのが、編集の雫石さんも絶対何かあると思うんですよね。ビジュアル的にもモブ顔じゃないし。

次回エメラルド春の号は4月の下旬に発売予定です。

楽しみに待っています!

追記)純情ロマンチカ43話の感想を書きました。

純情ロマンチカ43話 ネタバレ感想



エメラルド冬の号に掲載の、世界一初恋小野寺律場合22話(最新話ネタバレ注意)の感想も書いたので、興味がある方はどうぞ。

世界一初恋小野寺律場合22 ネタバレ感想


商業BLマンガは各電子書籍サイトでも発売されています。


関連記事