テンカウント BLドラマCD ネタバレ感想です。

このBLがやばい2015のBLコミックランキング3位にも選ばれた、宝井理人先生の超人気作。テンカウントのドラマCDということで、楽しみにていました。

原作コミック1.2.3巻のネタバレ感想もよろしければどうぞ。

テンカウント1.2巻のネタバレ感想。1.2巻の落差に完敗。

テンカウント3巻ネタバレ感想。65万部の実力と破壊力は、さすがです!

というわけで、2014年12月発売のテンカウントBLCDの感想です。以下、盛大にネタバレしてるので、お気をつけください。

テンカウント(1)

テンカウント(1)

テンカウント(1)

[著]宝井理人




テンカウント(3)

テンカウント(3)

テンカウント(3)



前野智昭×立花慎之介


原作がすばらしいため、発売前からハードルが高かったテンカウント1巻のドラマCD。

キャストが発表され名前を拝見した時、BLCDでお馴染みでキャリアも長い2人なので、きっと大丈夫だろうと思いながらも、ドキドキしながら聴きました。

テンカウント1巻にあたる部分のBLCD化になるので、お話としては大きく動くという感じではありません。淡々と丁寧に、原作にとても忠実にストーリーが進んでいきます。

受けの城谷を演じる立花慎之介氏の、透明感があるというか、つやっとした美人受け声は相変わらずで、2巻以降のエロい展開になったときが、もんのっすごく楽しみです。

今回のドラマCDでは、黒瀬くんと城谷さんが偶然出会って、城谷さんが黒瀬くんのカウンセリングを受けることになるんですけど、そう簡単に潔癖症がよくなっていくわけはなく・・・

ずーっと手を洗い続けている城谷さんの声を聴いていると、原作絵の手を洗いすぎてボロボロになっているあの手を思い出して痛々しくなります。

原作を見ながら聴くと、感情移入しやすいですね。

城谷さんが、いつもお世話になっている社長に対しても嫌悪感を感じてしまって、そのことで自己嫌悪して辛い思いをするシーンなんて、ほんと哀しげで、社長がいい人なだけにやるせない。

とても重くて辛い症状です。。。

黒瀬のカウンセリングの一環として、2人で本屋へ行くという訓練をするんが、本は電子書籍になるまで待つしかないという城谷さん。

ドアノブが握れない、本屋で本を買えない、電車のつり革も持てない。他人がふれた物には触れられないっていうのは、日常生活を送るのも大変でしょう。

しかし。

黒瀬にカウンセリングを受けるうちに、城谷さんがドキドキしはじめていく無自覚受けな感じが、今後の展開への布石としか思えない私の耳はもう腐ってます。

だって早く2巻以降のエロい展開を、あの美人声で聴きたいじゃないですか!次のBLCDがもう出ることは私の中では確定事項です。

そして、おそらくはドSであろう黒瀬くん。こちらは前野智昭氏が、抑えめの演技で淡々と演じてくれました。最初、前野ボイスというと、今なら暁のヨナのハクの声を思い出して、合うかな?とか思ってしまいましたが、やはりそこはプロ。

落ち着いた演技といいましょうか、まだ腹黒さだとかはそこまで感じさせない、暗いとまではいかなくても、クールというか無愛想な感じで、原作をブチ壊すことなく、ちゃんと黒瀬くんでした。


2巻の、城谷さんに対してぐーいぐいなドS黒瀬くんの豹変っぷりが、楽しみすぎる・・・!


ただ、2人で電車に乗って食事へ行く途中、城谷さん気持ち悪くなってしまい、倒れ込むのに「電車の床と俺、どちらがましですか」と黒瀬くんに問われて、城谷さんは黒瀬くんを選んでお姫さだっこされるんですが、このシーンに限っては、やはり絵があった方がいいなあ・・・と思いました。

気持ち悪くなった城谷さんは可哀想ですが、黒瀬くんのひとつの見せ場ですしね。なので、絵ありきで聴くと、黒瀬くんのかっこよさが際立ってくると思いました。

ちなみに、城谷さんの潔癖症を理解してくれている会社の同期の三上くんは、明るくてすごくいいやつでした。主役2人が淡々としているぶん、こういう元気ないいやつがいると、救われますね。

宝井理人先生のその他のBLコミックはこちら。

花のみぞ知る 1

花のみぞ知る 1

花のみぞ知る 1



花のみやこで

花のみやこで

花のみやこで



セブンデイズ MONDAY→THURSDAY

セブンデイズ MONDAY→THURSDAY

セブンデイズ MONDAY→THURSDAY



セブンデイズ FRIDAY→SUNDAY

セブンデイズ FRIDAY→SUNDAY

セブンデイズ FRIDAY→SUNDAY



BLではない漫画も発売されています。2014年11月発売の、宝井理人先生の意欲作です。

グランネリエ

グランネリエ

グランネリエ



オマケとして「黒瀬くんと城谷さんとアンドロイド?」は、もう、もう、城谷さんかわいすぎるー!!!黒瀬くんが「実は自分はアンドロイドで・・・」とか、いつものトーンで話し出すんですが、城谷さんがだんだん信じてしまうっていうw

城谷さん、ちょろすぎいやいや純粋でかわいすぎますね。腹黒瀬くんは内心絶対悪魔の微笑みでしょう。そりゃあ2巻でオオカミになるよね。うん、なるなる。しょーがないしょーがない。

というわけで、オマケに萌え転がってBLCDは終了。キャストトークも楽しそうでなによりでした。2巻への布石は十分だったBLCD。次からのCDが本番!くらいの気持ちで待ってます。

それにしても、いつになるかは分かりませんが、城谷さんが潔癖症を克服したら、どんなエロいことになるやら・・・。黒瀬くん(前野智昭氏)のドS腹黒攻めに、城谷さん(立花慎之介氏)のかわいい艶エロ受け声。

早く聴きたいです。

宝井理人先生のBL作品一覧

関連記事
 カテゴリ
 タグ
None