劇場版 世界一初恋 横澤隆史の場合に収録されている、バレンタイン特別編のネタバレ感想第2弾トリチア編です。

バレンタイン編は原作者・中村春菊先生がストーリーを書き下ろした作品で、同時上映短編「世界一初恋バレンタイン編」として劇場でも流れました。

桐嶋禅×横澤隆史  
羽鳥芳雪×吉野千秋 ← 今日はここ!
雪名皇×木佐翔太
高野政宗×小野寺律

それぞれ各カップルの、極甘バレンタインが覗き見できます。映画本編のネタバレ感想と、第1弾の桐嶋×横澤カップルのバレンタインネタバレ感想は下記をどうぞ。

劇場版 世界一初恋 横澤隆史の場合 本編のネタバレ感想。

バレンタイン桐横編 ネタバレ感想 (桐嶋×横澤)

バレンタイン編が本編だw

という人も多数いたであろう、今回の劇場版のオマケ。各話は短いですけど、原作者の描き下ろしなので安心だし、短いがゆえにそれがまた妄想をかきたてる、4カップル4様の、らしさ満点な内容となっていました。



劇場版 世界一初恋~横澤隆史の場合~ 限定版【Blu-ray】(Amazon)

劇場版 世界一初恋〜横澤隆史の場合〜【Blu-ray】(楽天)

今回は2組目のカップル、羽鳥芳雪×吉野千秋。通称トリチアの甘い甘~い(?)バレンタイン。

毎年2/14は羽鳥が吉野にチョコを作る日になっていることで、ため息をつきながら歩く羽鳥。読者からのチョコを持って吉野家に向かう途中、羽鳥は思います。

「一度くらい吉野からチョコをもらってもいいと思うのだが・・・ま、無理だな。」

(いつもながら落ち着いた低音ボイスが羽鳥にぴったりですね。)もう千秋からチョコをもらうなんて、あきらめモードな羽鳥。吉野家に入ると、なぜか甘い匂いが充満しています。

慌てた千秋が、最初は来年用の漫画の資料として作ったとかなんとか言い訳しますが、観念して言います。

「トリのために作ったんだよ!おれだって少しはトリのために何かしたいって、普通に考えてるんだからな!」

まさかそんな風に千秋が思っていたことに、驚く羽鳥。殊勝なことを言う千秋に感動しつつも、千秋らのいびつな形のチョコを見て絶句します。

「これは・・・チョコ、レート・・・?」恐る恐る低い声で問う羽鳥に、目をそらして自信なさげに小さな声で答える千秋。

「うん。たぶん・・・・・・」

(この「うん。たぶん・・・・・・」の言い方が軽妙でうまいんですよ。吉野千秋役の声優さん、こういう軽く引き気味の演技が、さり気なくて上手ですね。)

吉野のくれた、手作りのいびつな形のチョコを見つめながら、思い直す羽鳥。「それでも、不器用な吉野が自分のために作ってくれたと思うだけで・・・」

そ し て。

はい、ここで、お約束☆ド天然の空気読めない代表・吉野千秋が出ました!両手でほおづえをついたアイドルポーズで、にっこりさらっと天然爆弾発言。

「でもさ、味は補償するよ」


「優にもあげたんだけど、味はちゃんとチョコだったってさ。さっき言ってた。」


ビシッ!!


リアルにひび割れる2人の空気。せっかくのいい雰囲気が突如暗転で台無しにwそして地獄鬼のような羽鳥の低いうなり声。ハッと途中で気付いた千秋がオーバーリアクション気味に慌てて否定します。

「うわっいやあの優のは義理、義理です!」「トリのは量2倍だし!!!」千秋よ、そこじゃないw

案の定、お約束として羽鳥に首根っこをつかまれた千秋はズルズルと寝室へ。引きずられながら、なおも言い訳しようとしてドツボにはまる千秋。

「それにほら、優はあまり甘いもの好きじゃないから・・・」寝室のドアを開けて、千秋をベッドに投げ飛ばした羽鳥が、冷静に突っ込みます。

「そういう問題じゃない」ですよねーw

寝室のドアがバタンと閉まり、千秋の叫び声が。

「ええ!?ちょ、なんでお前はすぐベッドに・・・!おいこらっトリー!!」

・・・やはり躾けを決意した羽鳥であった。ちゃんちゃん。私から、ひとことだけ言ってもよろしいでしょうか。


リア充爆発しろw


そんな私はセカコイの大ファン。千秋はもう永遠にムッツリ羽鳥にしつこく調教されるがいいよ。お次は、バレンタイン編で一番萌えた、雪名皇×木佐翔太カップルのお話。

ですが、長くなったのでまた明日。




関連記事
 タグ
None