みちのくアタミ先生のBL漫画「いやよいやよもキスのうち」ネタバレ感想です。

アニメ化も決まった「腐男子高校生活」でさっそうとニアBL業界に現れたみちのくアタミ先生。筆の早い方なのでしょうか。商業BLでもデビューされて、単行本も順調に発売されています。

絵柄も綺麗だしエロもエロエロしいのに下品じゃなくて、とても新人さんとは思えません。特にべろチューのねっとり感とかお上手ですごく好きです。

1冊を通してすごく読みやすかったので、BL初心者のかたにもおすすめできる作品でした。

ワンコ系の年下(惣次郎)×超敏感体質な年上(恵)と、無表情で健気(カズ)×惣次郎の兄の短髪おかん系(清一郎)の2カップルのお話です。

いやよいやよもキスのうち みちのくアタミ 電子書籍


いやよいやよもキスのうち

いやよいやよもキスのうち

いやよいやよもキスのうち

いやよいやよもキスのうち 感想 ネタバレあり


超敏感体質な兄の友達


昔はよく遊んでくれた兄の友人の恵に、中学を境に避けられているようになった惣次郎。

あるとき、恵がつらそうにしゃがみこんでいるところを目撃します。しかも恵は勃っている状態。

戸惑いながら恵を問いただすと、実は恵は超敏感体質で人に直接触れられただけで感じてしまうため惣次郎を遠ざけていました。

恵がこうなったのには実はきっかけがあり、惣次郎が小学生だった頃、眠っている恵にいたずらでキスマークをつけたことから恵は惣次郎を意識してしまうようになり下半身も反応するようになってしまったのでした。

悶々とするうちに惹かれはじめる惣次郎


兄とデキているのではないかと悶々としたり、喧嘩をとめに入ったりするうちに、惣次郎は恵への気持ちに気づきます。

惣次郎の素直な感情を聞き、恵も惣次郎を受け入れる覚悟を決めラブラブになる2人。男同士の葛藤などはないながらも、昔からお互いを意識していたこともあり、すんなりと展開が頭に入ってきました。

惣次郎が兄の清一郎にやきもちを焼いて膝かっくん(懐かしい)をしたりする姿は、ザ弟という感じがしてかわいかったです。

恵との待ち合わせに遅れそうな時に打ったメールが「ごまんなさい」とか慌てすぎでしょwその後汗だくで走り寄ってくる姿はワンコそのものでした。

兄は兄で友達と良い関係に


対して惣次郎の兄清一郎は、無口無表情な友人・カズに突然告白されます。考えてもみなかったことなのに、ついつい流されて肉体関係を持ってしまう清一郎。

私はこのお兄ちゃん、最初は攻めかなと思ったのですがまさかの受け。本人もびっくりしていましたwでもオイシイです。短髪のゴツイ系の受けは嫌いじゃないですハイ。

カズのほうは一途で健気に清一郎を想っていますが、身体の関係はあるものの何かと煮え切らないのが清一郎。

カズに寄ってきた女の子を応援するかのごとく仕向けたはいいけれど、カズが自分以外と仲良くするのを見るのは気にくわない。

もやもやした気持ちをもてあまし、カズにとっての一番が自分ではないとイライラしてしまうことで、清一郎はようやく自分の素直な気持ちに気づきます。好きだからこその独占欲。

ようやく気持ちがハッキリした2人はめでたく心も体も恋人となりました。

感想まとめ


どちらも男同士だからということに悩んだり迷ったりということはほぼなく、ナチュラルにお互いを受け入れているのは10代の高校生という未熟さが後押ししたのでしょう。

2組とも今後もいろんな横やりが入ったりマンネリがあったりスレ違ったりすると思いますが、末永くいちゃついていてほしいなと思いました。

みちのくアタミ先生のタイトルの付け方については、あとがきにご自身で「センスがない」と描かれていましたが、私はこういうのユニークで好きなのでぜひ続けてほしいです。

タイトルを含め次回作も期待して待ちたいと思います。

みちのくアタミ先生のBL漫画


レッドべリルにさよなら1巻 ネタバレ感想

レッドべリルにさよなら 1

レッドべリルにさよなら 1

レッドべリルにさよなら 1



真夜中ラブアライアンス ネタバレ感想



こっちむいて、愛 ネタバレ感想

こっちむいて、愛

こっちむいて、愛

こっちむいて、愛



はじまりはナカから

はじまりはナカから

はじまりはナカから



みちのくアタミ先生のBL作品一覧