中身が気になって気になって・・・タイトルが秀逸な漫画特集!漫画家と編集者のセンスが問われる、漫画のタイトル。表紙と同じくらい大切だと思われる、漫画の題名。

王道で行くと手にとってもらう機会もできそうですが、反面、その他大勢の漫画に埋もれてしまう。それはBLも一般漫画も同じです。

だからといって奇をてらいすぎると、中身を誤解される恐れがあって、本来手にとってもらえる層が敬遠してしまう可能性があり、とても危険。

両者のバランスが大切です。バランスを保ちながらも、一風変わった独特のセンスを感じさせ、なおかつ購読意欲を損なわない。難解すぎず、単純すぎず。

今回はそんな、うまいこと読み手の興味をそそるべくつけられた、「中身が気になるタイトル特集」です。

気になる、とても気になるあの漫画。タイトルもなんだか変わっているし、最近よくネットでも書店でもやけに見かける、あの漫画。タイトルが秀逸だと、本屋さんでポップを作ってもらいやすい気がしますね。


オイ!!オバさん


思わずふり返ってしまいそう・・・なんという心臓に悪い(?)タイトルでしょうか。妙齢の働く女性なら、びくっとしてしまいますね。耳が痛い。

オイ!!オバさん 1

オイ!!オバさん 1

オイ!!オバさん 1





オッサンフォー ~終わらない青春~


ちょw

この表紙にこのタイトルで少女漫画とかwwあーもう、負けた・・・w

オッサンフォー 〜終わらない青春〜 1

オッサンフォー 〜終わらない青春〜 1

オッサンフォー 〜終わらない青春〜 1





ニーチェ先生~コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた~


身近な「コンビニ」と、身近ではない「ニーチェ」と、今後身近になるであろう「さとり世代」という3つのキーワード。この3つを組み合わせただけで、もう8割がた勝ちでしょうと思わず唸るタイトル。





どーにゃつ


どーにゃつ?ドーナツのこと?なんでもにゃーにゃーとかわいく言ったからってムリなんだから・・・

くっ・・・かわいいじゃないか。

どーにゃつ 1巻

どーにゃつ 1巻

どーにゃつ 1巻





殺し屋サムのバレーボール


こちらも意表を突く組み合わせ。どう考えても「殺し屋」と「バレーボール」は併記しにくい。そして「サム」という名前も地味にじわじわきます。





小南正太郎、家から出るをはじめました。


目新しくはありませんが、ドキッとする人にはドキッとするタイトル。出不精なので、ドキッとしました私も。少年漫画に分類されていますが、少女漫画のようなきれい目な絵です。





僕と彼女の×××


まあ、思わせぶりなタイトルですねえw誰ですか?最初に×××にエロい言葉を当てはめたのは?(はい、私です)

男女入れ替わりの漫画で設定はベタですが、内容は面白いです!完結してるので一気読みできるのもポイント髙し。

僕と彼女の××× 1

僕と彼女の××× 1

僕と彼女の××× 1



人気あったから、番外編も出てます。こっちもおもしろいです。





おじょじょじょ


タイトルからは一切中身が想像できない漫画です。ノリはコメディですが、キャラがかわいくて凸凹すぎる2人の距離感もなかなか。

おじょじょじょ

おじょじょじょ

おじょじょじょ





人間仮免中


このマンガがすごい2013オトコ編3位の、圧倒的で壮絶な自伝漫画。読後、「生きてるだけで最高だ・・・ほんとに」とつぶやきたくなります。

人間仮免中

人間仮免中

人間仮免中





トモちゃんはすごいブス


物議を醸しだしそうなタイトルですね。

表紙だとか中味の絵的にも、うすっぺらいコメディ(失礼)かと思いきや、意外や意外!ディープで引き込まれていくストーリーです。





少年よ耽美を描け


キター!!

BLが好きな人にはぜひお勧めしたい少女漫画です。それもそのはず、著者のミキマキ先生はBL漫画家でもいらっしゃるので、よーく分かっていらっしゃいますw

ミキマキ先生の漫画一覧はこちら。



レンタでは、他にも気になるタイトルが特集でたくさん紹介されています。

中身が気になるタイトル特集。

漫画のタイトルについては、「このマンガ、おもしろいのにタイトルで損してるよなあ・・・」って思うこともあります。漫画家と編集者が必死で考えたものでしょうが、大人の読者はけっこう冷静に見ていたり。

そしてやっぱり、どんなにタイトルで「勝った」としても、やっぱり中身がつまらないとただのピエロになってしまいますね。BLだけではなくどんな漫画でも。

今後も漫画を楽しむ大人に向けて、名タイトルかつ名作が数多く出版されるのを期待したいです。漫画ってやっぱり、いいですね。

関連記事
 カテゴリ
 タグ
None