この3連休いかがお過ごしでしょうか。季節的にもいい時期なので、ちょっと小旅行とかでかける人も多いんだろうな。

私は普段の仕事の疲れを癒すべく、たまりにたまった家事を済ませ、封も開けられていないままの、漫画やDVDやアニメを手にのんびりぐだぐだと過ごしています。

10日には、早くから予約していたAmazonから届いていた劇場版 薄桜鬼 第二章 士魂蒼穹も、まだ未視聴のまま。

賛否両論あった薄桜鬼、完結編でもある劇場版を、ようやく鑑賞しました。3月に映画が公開になって、仕事の忙繁期ということもあって映画館へ行けず。8月にDVD発売と聞いていたのが、9月発売になったんですよね。

 

劇場版 薄桜鬼 第二章 士魂蒼穹 Blu-ray(初回限定版) Amazon
劇場版 薄桜鬼 第二章 士魂蒼穹 Blu-ray(初回限定版) 楽天

映画は劇場版 薄桜鬼 第一章 京都乱舞が前編で、後編を見ないままだと、気になっていたので、スッキリしました。

全編を通して、内容に関しては、アニメから見ていた人からすると、どうしても展開を急いでいるような感じで、物足りないと思えるかもしれません。

私もアニメを全部見ているので、はしょった感がぬぐえませんでした。

作画に関してと音楽に関しては、大満足。アニメに比べて作画は、やはり丁寧でキレイでした。

主要キャラはみんな、バージョンアップしたかのごとく、かっこよく描かれていて、キャラクターの絵が好きな人は見ごたえがあるかと思います。

印象に残ったシーンを挙げてみます。

原田はやっぱり、いい男だった。

山南さんはやっぱり、いい男だった。

平助もやっぱり、以下同文。

龍之介(かっこよくなってた)と小鈴がちょい役で出てきた。

振り返ったら沖田が消えていた時の、齋藤の表情・演技がすばらしい。

死んだ沖田の剣を手にとって戦う齋藤も、ぐっときた。

風間のちー様のバックハグ。

ラストの風間vs土方の一騎打ち。

・・・ところでで山崎、永倉どこいった?

沖田と齋藤のシーンは、劇場版の見どころのひとつかと思います。

多数の敵を目の前にして絶対絶命の中、修羅場をかいくぐってきた戦友が、ふりかえったら死んで砂になっていたときの齋藤の絶望。

そして、禁断の薬を手にし、沖田の剣をとって、壮絶な戦いに挑む齋藤の覚悟。

齋藤はアニメの時から、常に人気1位2位をキープしているキャラでしたが、ビジュアルだけではない、その心意気や男らしさが、大勢の人をひきつけたんですね。

BL腐脳OLからすると、この沖田と齋藤のシーンを見るだけで、薄い本を何冊も出せそうですw

アニメとは違うラストでしたが、これはこれで、アリかもしれないなと思えました。誰かひとりくらい、幸せになってもいいじゃない。

アニメも映画も、基本は土方ルートでしたが、悲しい終わり方だったアニメと比べると、いくらか救われた部分もあったのかなと思います。

史実とは大きく違っている薄桜鬼シリーズでしたが、この劇場版を最後に完結。
TVアニメシリーズから考えると、4年も続いたんですね。

絵ノベルはこちら。

【絵ノベル】薄桜鬼 土方 歳三 上

【絵ノベル】薄桜鬼 土方 歳三 上

【絵ノベル】薄桜鬼 土方 歳三 上


【絵ノベル】薄桜鬼 沖田 総司 上

【絵ノベル】薄桜鬼 沖田 総司 上

【絵ノベル】薄桜鬼 沖田 総司 上


【絵ノベル】薄桜鬼 斎藤 一 上

【絵ノベル】薄桜鬼 斎藤 一 上

【絵ノベル】薄桜鬼 斎藤 一 上


【絵ノベル】薄桜鬼 藤堂 平助 上

【絵ノベル】薄桜鬼 藤堂 平助 上

【絵ノベル】薄桜鬼 藤堂 平助 上


【絵ノベル】薄桜鬼 原田 左之助 上

【絵ノベル】薄桜鬼 原田 左之助 上

【絵ノベル】薄桜鬼 原田 左之助 上


【絵ノベル】薄桜鬼 風間 千景

【絵ノベル】薄桜鬼 風間 千景

【絵ノベル】薄桜鬼 風間 千景


【全巻セット】【絵ノベル】薄桜鬼

【全巻セット】【絵ノベル】薄桜鬼

【全巻セット】【絵ノベル】薄桜鬼


腐女子日記 ブログランキング
ブログ村 腐女子日記

劇場版に関して、賛否両論が巻き起こっているのは、愛されている証拠でしょう。前編、後編に分けて、アニメを基に、うまくまとめていたと思います。

アニメを知らない人は、劇場版を見て、大筋をつかんでからアニメを見ると、また一味違って面白いかもしれません。

最後に、タイトル「士魂蒼穹(しこんそうきゅう)」に込められた意味。

新撰組を中心とした、幕末に生きた志ある男たち。
ラストの、空に消えていく新撰組隊士たちの笑顔。


武「士」の「魂」よ「蒼穹」(広く青い空)へ。


BL腐な人も、そうではない人も、ゲームから始まって4.5年にわたって、長い間楽しませてもらいました。薄桜鬼という作品に、改めて感謝です。

関連記事
 タグ
None