純情ロマンチカ48話の感想です。雑誌エメラルド最新話でコミックス24巻のネタバレ感想なのでお気をつけください。

偶然ウサギ母と出会ってしまった美咲。固まってしまった美咲でしたが、そばにいた薫子によって、あっさりとウサギさんの恋人であることがバレてしまいます。

ウサギ母は不器用なだけだと言う薫子。宇佐美家の複雑な関係は美咲には計りしれないものですが、それでもいつか誤解が解けることを祈る美咲なのでした。前回の復習はこちら。

純情ロマンチカ23巻47話 ネタバレ感想 中村春菊

それでは以下、中村春菊先生の「純情ロマンチカ」48話の感想です。ネタバレにご注意ください。

エメラルド冬の号 電子配信


雑誌エメラルドはまだ電子配信されていません。

純情ロマンチカ48話 感想 ネタバレあり


ウサギ父も福袋購入に参戦


新年早々、餅つき機で餅をつく美咲&兎さん。思ったよりも楽しそうな美咲は、ウサギさんが用意した着物姿です。

福袋のニュースを見たウサギさんが案の定欲しがるのも、美咲はもう慣れっこのように黙って受け入れました。

庶民の買い物に興味津々のウサギさんは、福袋のために100万円用意すると意気込んでいます。

そこへ美咲の兄孝浩から電話がかかってきました。年末に、大学卒業後の暮らしのことで、美咲は兄とはちょっぴりぎくしゃくしています。

しかし新年のあいさつくらいはしておくべき。そう判断して、美咲はウサギさんと一緒に孝浩宅に行くことになりました。

不安げな美咲にウサギさんは「何かあったらフォローする」と優しく声をかけます。

福袋を買いに行く途中で、ウサギ父を偶然見かけた美咲。一応あいさつをすると、ウサギ父は「新春初売り木彫り熊尽くし袋」を美咲にプレゼントしてくれました。

およそ福袋とは思えぬずっしりとした重量感に、美咲は若干引き気味ですw

宇佐美家の複雑さを気にする美咲


美咲はウサギ父にウサギ母(夏子さん)と偶然会ったことを話します。しかしウサギ父は微妙は反応を見せました。

美咲はドキッとして「もしかしてウサギ母の事は触れてはいけない話題だったのかも」と内心焦ります。

「妻とはこの数年まともに正月に会ってないから驚いてしまって」

とりつくろうように苦笑いするウサギ父は、車から下りずに待っているウサギさんにも声をかけました。

「秋彦、お前も夏子と会ったのかい?」

「貴方に関係ありません」

冷たいウサギさんに、ウサギ父は困ったような表情です。ウサギ父のそばを離れた美咲は、動揺しているウサギ父を初めて見たと驚いていました。

(家族仲が悪いのは何となく分かってたけど、まともに会ってないってどういうこと?)

宇佐美家の複雑な事情に想いを馳せる美咲ですが、もし何かがすれ違っているのなら少しでも良い方向に進んでほしいと祈るような気持ちでいました。

気まずい中で会う孝浩と美咲


孝浩宅に着くと、美咲は兄が自分と目を合わせてくれないことに気づきます。年末に喧嘩してから、やはり気まずいのは美咲だけではありませんでした。

義理の姉の真奈美さんは、いつも通りに優しくふるまってくれています。ぎこちない美咲と孝浩はみんなで食卓を囲みますが、言葉はどこか上滑りしているようで落ち着きません。

すると孝浩が口を開きます。卒業間近の休みの期間なのだから、この機にちゃんと話し合っておくべきだと孝浩。

(今ここでウサギさんとのことを話したら、兄ちゃんは理解してくれるだろうか)

孝浩兄と美咲は、これまでも何度か喧嘩をしてきました。しかしそれはほとんど美咲がわがままを言って困らせたあげくのこと。今までは、その都度孝浩が折れる形で許してくれていたのです。

「いつまでもウサギに甘えたままなのは、わがままだって美咲も分かってるよな」

ごもっともなことを言う兄に、美咲はうまく言葉が出てきません。でも、親代わりになって育ててくれた孝浩兄に、ウサギさんとのことはちゃんと納得してもらいたい。

この気持ちはわがままではなく、ちゃんと美咲なりに考えた本音で、美咲の意思です。この間、義姉に言ったときのような、勢い任せではなく、順序立てて理解してもらるように説明しなければ。

焦れば焦るほど、言葉が出てこない美咲はさらに焦ります。見かねたウサギさんが口を挟もうとした瞬間、真奈美さんがピシッとその場を制します。

「ちょっと待って。孝浩さんが言いたいことは分かるけど、そうやって自分が全部正しいって前提で話を進めるのはよくないと思うの」

「あなた、美咲くんの気持ち全然聞こうとしてないじゃない」

真奈美さんの言葉に、孝弘もハッとしたような表情です。

お義姉さんのナイスフォロー


就職して社会人になるのは孝浩ではなく美咲本人。その当人をおいてけぼりにして、孝浩が少し暴走しているようなので、真奈美さんが口を出したのでした。

孝浩としては、美咲には身の丈にあった生活を送ってほしい。美咲は庶民なので、ウサギさんの家のような豪華さは身に余るものなのです。

「宇佐美さんは庶民とはとても思えないけど、美咲くんは別にそれに甘えてるわけじゃないじゃない。むしろ22歳の頃の私や孝浩さんよりずっとしっかりしてるわよ」

孝浩の痛いところを突くお義姉さん。いいぞ~w

お義姉さんはさらに言葉を重ねます。現実的に考えて、出版社の仕事は時間が不規則なものです。

孝浩の家で一緒に暮らすといっても、生活時間が違う人が一緒にいたらうまくいくとも言えません。まだ小さい真浩くんもいます。

それに、ひとり暮らしをといっても、慣れない仕事や人間関係で大変な時期に、生活環境まで変えろというのは酷なものです。

「お前は俺が間違ってるって言うのか!?」

「正しいとか間違ってるとかじゃなくて!何でも頭ごなしに決めつける前に、もっと考えることがあるんじゃないのって言ってるの。固定観念の押しつけってすごく危険よ」

お姉さんの厳しい台詞に、孝弘はたじたじです。

「美咲くんの気持ちを第一に、まずはお互い冷静になって話し合わないとダメよ」

きっぱり夫に告げて、その場からさりげなく美咲を連れ出してくれたお義姉さんのフォローに、美咲も気づいていました。

孝浩がどれだけ美咲のことを大事に想っているのかを見てきたお義姉さんならではの優しい言動に、美咲はじーんとくるのでした。

人に恵まれている美咲


「真奈美さんが全部言いたいことを言ってくれたな」

帰りの車の中で、お義姉さんに感謝するウサギさんと美咲。真奈美さんにカミングアウトした時は、言わない方が良かったかと思っていた美咲ですが、やっぱり言ってよかったと安心しています。

孝浩との話し合いはまた今度ということになりましたが、それでもお義姉さんのおかげで、美咲が気持ちを話せるきっかけにはなりそうです。

「最近よくいろいろと人に恵まれてるなーって思う」

美咲は助けてくれる人が近くにいることに、改めて感謝していました。ウサギさんやお義姉さん、藤堂くんなども卒論を手伝ってくれたりとお世話になっています。

「お前が何でも一生懸命やるから、それを見た周りの人間が手伝ってもいいかなって思うんだろ」

美咲の人徳のなせるワザなのでしょう。ウサギさんもまた、真奈美さんという心強い存在にホッとしています。

美咲もウサギさんも、お互いに関わりあううちに、まわりを巻き込んで、少しずつ良い方向に変化しているのでした。

自宅に着くと、新年早々にサカるウサギさん。立ちバックで美咲を攻めたてます。前が大きな窓ガラスにこすれて気持ちよさそうな美咲。

(この先もしかすると、ウサギさんとのことを後悔することがあるかもしれない。でも、その時その時で、今の俺が必死に考えた答えだから、間違ってなんかいない。だから俺は胸を張ってウサギさんの隣りにいるんだ)

1月公開の映画「劇場版ゲテモノ料理人ザ☆漢」の試写会に参加した美咲は、上映後に泣いて喜んでいました。

舞台挨拶に来ていた伊集院先生は、檀上からぬかりなく美咲に手を振ってくれています。劇場には、ウサギさんも敵情視察とばかりに、ちゃっかりと来ていました。

何度も見るという大ファンの美咲につきあって、結局5回も「ザ☆漢劇場版」を見るはめになったウサギさん。こればかりはウサギさんにとって、苦行となる正月映画デートなのでした。

純情ロマンチカ48話の感想まとめ


ズバズバ言いたいことを言ってくれたお義姉さん。心強い!頼りになるー!!自分の夫だから割と遠慮なく言えるというのもあるでしょうが、見ていてスッキリしました。

ウサギさんと美咲の関係を知らない孝浩の言い分はもっともなのですが、ちょっと突っ走りすぎていました。

今回のお義姉さんのナイスアシストによって、美咲の話を聞いてくれる姿勢が孝浩にできたなら、それだけでも万々歳です。

美咲のように人に恵まれる人は、ただラッキーなだけではなく、本人の懸命さが周りを動かしているということなのでしょう。

ウサギさんは、真奈美さんのおかげで親友と恋人を失わずにすむかもしれないと、味方が一人増えたことを嬉しく思っていました。

誰かに頼るなんて、これまでのウサギさんからは考えられない変化です。ウサギさんも、孤高の人として生きてきましたが、美咲に出会っていろんなことが大きく変わってきています。

ウサギさんとは胸を張って一緒にいると覚悟を決めている美咲。孝浩に説明するのはまた後日になりましたが、お義姉さんもいるし、うまくまとまるといいなと思います。

ウサギ父とウサギ母、そしてウサギさんと両親がぎくしゃくしていることなども含め、宇佐美家のことはその後かな。

そろそろ終わりが見えてきたとはいえ、まだまだ続いてほしい。BL界のサザエさんのように。

次回は2019年4月下旬発売のエメラルド春の号です。

それではまた純情ロマンチカ49話の感想でお会いしましょう。


柳瀬優と伊集院先生の初からみ(健全)はこちら。

純情ミックス 伊集院響編 ネタバレ感想 柳瀬優とのフラグが立った!

世界一初恋の感想はこちら。

世界一初恋 ネタバレ感想


商業BLコミックスは電子書籍各ストアで発売中です。


関連記事