抱かれたい男1位に脅されています新章突入直前プロローグの感想です。

スペインで高人の覚悟を見たチュン太。幼い頃から夢中になれるものが何もなかったチュン太をここまで夢中にさせる高人はやはりいい男なのでした。

高人はチュン太の祖父母や幼馴染にも会い、2人はさらに絆を固めてスペインを後にします。前回の復習はこちら。

抱かれたい男1位に脅されています6巻24話 ネタバレ感想 桜日梯子

それでは以下「抱かれたい男1位に脅されています」の新章プロローグ感想です。※ネタバレ注意です。

マガジンビーボーイ3月号 電子配信


2019年8月28日までの期間限定配信です。

マガジンビーボーイ 2019年3月号

マガジンビーボーイ 2019年3月号

マガジンビーボーイ 2019年3月号


抱かれたい男1位に脅されています6巻 電子配信



抱かれたい男1位に脅されています新章開始プロローグ 感想 ネタバレあり


アリス先輩の態度にイラつく卯坂さん


チュン太たちがスペインから帰国する飛行機の中で過ごしている間も、日本では卯坂さんを中心に着々と2人舞台「血の婚礼」の準備が整えられつつありました。

スタッフたちも今をときめく抱かれたい男ツートップの共演、さらには世界的にも有名なアリス先輩に楽曲を作ってもらえるとあれば、盛り上がるのも当然です。

「楽曲についてはまだ正式オファー前だ」

まだ契約したわけではないと、卯坂さんはあくまでもクールです。卯坂さんは先日、アリス先輩が訪ねてきたときのことを思い出していました。

「あんた、俺に犯されたこと忘れたのか?」

「どっちがいい?」

本音の視えない笑顔ではぐらかすアリス先輩に、卯坂さんはイラッとした様子です。

「自分から蒸し返すなよ」

すごい目で睨んでくる卯坂さんを軽くスルーして、食べ終えたカップ麺の感想と共に去って行こうとするアリス先輩。

しかし、背後からすかさず卯坂さんがその髪を掴んで強引に唇を重ねようとしました。

ところがアリス先輩は、その口に自分の名刺を挟んでブロック!卯坂さんのキスは未遂に終わります。たく

「俺の音がほしくなったら言えよ。ギャラは言い値でいいぜ」

アリス先輩のほうが一枚上手のようで、そう言い残すとあっさりとその場を去って行きました。

チュン太を狙う新キャラはヤンデレ系?


いっぽう都内某所では、ある人物を売り出したいと考えている業界人が、何やら企み顔で権力者に協力を求めていました。

そのある人物は、チュン太のポスターに頬ずりしながら不気味に微笑みます。

「待っててね、天使様。ボク頑張るよ。必ずあなたの隣りを手に入れてみせるからね」

かわいい系の顔立ちですがヤンデレっぽいその人物。なにやら不気味な雰囲気です。

そんなことになっているとはつゆ知らず、スペイン帰りの飛行機の中で高人の隣りで眠るチュン太。平和なひとときは、もうすぐ終わってしまいそうです。

感想まとめ


スペイン篇が終わってホッとしたのも束の間、なにやらまたひと波乱ありそうな予感がひしひしと。卯坂さんとアリス先輩もそうですが、不気味な新キャラが気になりすぎます。

チュン太を狙っているっぽいですがどういうキャラなのでしょう。執着系のヤンデレなのか、かわいい系の俳優なのかモデルなのか、ちらっと出てきただけですが不気味さ満点です。

卯坂さんとアリス先輩は、どちらも素直になれないだけなのかな。肉体関係があっても合意の上ではなかったようですが、いったいどんな過去とわだかまりがあるのやら。

アリス先輩は卯坂さんに何かとちょっかいをかける感じで、今も気がある雰囲気ですよね。復讐のためとかではないような?

早くも新章の内容が気になります。

次回は4月7日発売のマガジンビーボーイ5月号です。予告にお名前がないので4月号は1回休み。3/13のコミックス6巻の準備のためでしょう。

それではまた「抱かれたい男1位に脅されています」新章の感想でお会いしましょう。

桜日梯子先生のBLコミックス




ラブトモ

ラブトモ

ラブトモ



関連記事