BLアワード2019が発表になりました。

2018年1月1日~2018年12月31日に発売になったBL漫画を対象としたランキングです。今年で10回目。

毎年恒例の年末の腐女子の投票によって決まる「このBLがやばい」とはまた違う顔ぶれがランクインしていて新鮮です。

BLアワード2019ベストコミックランキング20


1位 リカー&シガレット


リカー&シガレット

リカー&シガレット

リカー&シガレット


2位 ドラッグレス・セックス 辰見と戌井



3位 ラムスプリンガの情景



4位 NIGHTS BEFORE NIGHT



5位 ゴールデンスパークル



6位 めぐみとつぐみ



7位 セラピーゲーム



8位 恋が落ちたら



9位 雛鳥は汐風にまどろむ



10位 Marble


Marble

Marble

Marble


11位 25時、赤坂で


25時、赤坂で

25時、赤坂で

25時、赤坂で


12位 とろけるくちびる



13位 Fuck Buddy―ファックバディ―



14位 カスタマスカレード!



15位 トワイライト・アンダーグラウンド+



16位 ララの結婚


ララの結婚 1

ララの結婚 1

ララの結婚 1


17位 30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい



18位 優しいパンツの脱がせ方



19位 プリンシプル



20位 糸永くんの恋の糸



感想まとめ


1位はさすがの座裏屋蘭丸先生。こんな甘いお話も描けるとはあっぱれです。

また、他のランキングではあまり見かけない意外な作品もランクインしていました。

「ラムスプリンガの情景」が3位に入っていて、吾妻香夜先生はもっと評価されてもいいんじゃないかなと思っていたので妙に嬉しいです。

10位の川唯東子先生の読みごたえたっぷりな「Marble」や、くすっと笑える「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」なども大好きです。

夏野寛子先生の「25時、赤坂で」はしばらく赤坂を通るたびにニヤニヤしてしまいそうだし、秋平しろ先生のほのぼのと爽やかな「トワイライト・アンダーグラウンド+」もおすすめです。

いわずもがなこの手のランキングは、作品の優劣をつけるものではありません。あくまでもひとつの参考にしましょう。

関連記事
 カテゴリ
 タグ
None