「酔いどれ愛を知る」3話の感想です。

いろいろあって恋人同士になった誓と水澄はラブラブ同棲生活中です。2人で水澄の昔からのなじみの浪川酒造へ出向いたり仕事にも協力体制でやっています。

ある日、誓の友達である豊川が来店し、誓はためらいもなく水澄と付き合っていることをカミングアウトしました。驚いて動揺する水澄ですが…。前回の復習はこちら。

酔いどれ愛を知る2話 ネタバレ感想 橋本あおい

それでは以下、橋本あおい先生の「酔いどれ愛を知る」3話の感想です。※ネタバレ注意です。

シェリプラス11月号 電子配信


電子版シェリプラス11月号は2020年4月30日までの期間限定配信です。

シェリプラス 2019年11月号[期間限定]

シェリプラス 2019年11月号[期間限定]

シェリプラス 2019年11月号[期間限定]


酔いどれ恋をせず 電子書籍


酔いどれ愛を知る3話感想 ネタバレあり


豊川にカミングアウトしたことを気にする誓


リビングで盛り上がる誓と水澄。同棲(同居)しているので、わざわざ会いに行ったりする必要もなくいちゃいちゃできます。

深いキスを終えたタイミングで誓が口を開きます。

「もしかしてああいうのは嫌だったか?」

店で誓の友人・豊川に2人の関係をカミングアウトしたことです。キスでぼんやりしている水澄は、誓の言葉の意味が最初はよく分かりません。

「お前との関係を勝手に話したり、俺はそういうところ気が回らないからな。知らないうちに傷つけるかもしれない」

誓は誓なりに、水澄に許可なく友人にあっさりと話してしまったことを気にしているのでした。

とはいえ気が回らない人は、そもそもこんなことは言いません。

誓は無愛想ですが無神経な人間ではないのです。そのことをよく分かっている水澄は笑顔を見せました。

誓の手加減エロがちょっぴり物足りない水澄


「誓さんが言えると思った人なら大丈夫なんだろうなって。そう思わせてくれる誓さんだから好きになったし」

水澄の甘い告白に誓のスイッチが入ります。休みまであと1日は働かなければいけないというのに。

「誓さんが手加減してくれればあと1日頑張るよ?」

「難しいこと言うな」

ここからはもう言葉は必要ありません。水澄の好きなところを責めたてる誓。水澄は歯のすぐ上が弱いことも誓は突き止めていました。

誓が欲しくてたまらなくなった水澄は、我慢できずに自ら誘います。気持ちいいところをわざと外すいじわるな誓に、やだと言ったりいいと言ったり忙しい水澄。

しかし明日の仕事を考えて、誓はちゃんと手加減をして抱くのでした。

(やっぱもっと激しくしてほしいとか思っちゃうな~~~)

いくら加減されてたとしても、エッチの後はやはり多少疲れが残ってしまいます。

浪川酒造の娘がバイトに入ることに


翌日、店に浪川酒造の社長の娘・美梨ちゃんがやってきました。

酒造は秋から春先まで忙しいため、シーズンが終わってからまとめて休みをもらっていて、2週間ほど勉強をかねて東京へ出てきたのです。

実は美梨ちゃんは将来、浪川酒造の日本酒をおいしく呑んでもらうための店をやりたいという想いがあり、そのために来年からは調理師学校に通うのだとか。

夢を語る美梨ちゃんを気持ちよく応援する水澄。すると美梨ちゃんは、誓と水澄に頼みごとをします。

「こっちにいる間、ここで働かせてもらえませんか!?」

学校に行く前に、少しでも接客の勉強ができたらという想いがある美梨ちゃん。学生時代はカフェや食堂でバイトをしていたので、誓のお店でも働けそうです。

「どうしてうちで?」

この間、誓と水澄が浪川酒造に行ったときのお土産のお蕎麦がおいしくて、誓の作る料理がどんなのだろうかと気になった美梨ちゃん。

美梨ちゃんの父親も、かなり誓の料理を気に入ったのでした。

「…あまりバイト代は出せないが」

美梨ちゃんのガッツに、誓はため息をつきながらOKを出します。それを聞いた水澄と一緒に大喜びの美梨ちゃんなのでした。

酔いどれ愛を知る3話 感想まとめ


らっぶらぶな誓と水澄のエッチはとても良きですが、水澄がちょっと物足りなく思っているのが楽しいです。

あしたの仕事に差し支えてはいけないということで、誓が手加減してくれているのを、仕事だから仕方がないと思いつつもモヤモヤしている水澄。

水澄はエロエロで激しいのがお好みなんですよね。でも翌日仕事で立てなくなったら困るし、でも気持ちよくなりたいし、という葛藤が見え隠れしています。

まあホラ、翌日が休みの日にゴゴーンと愛し合えばいいさ。(ゴゴーンとは)

ただしこの1.2週間は美梨ちゃんがいるから、ちょっといちゃつくのは難しいかな。

美梨ちゃんは友達の家からバイトに通うわけですが、裏方に他人の出入りがあるということは、そうそう安易に誓と水澄もいちゃついていられません。見られたら困りますし。

当面いちゃつくのはお預けだとしても、美梨ちゃんをバイトとして一時的に雇ったことで、美梨ちゃんを通して浪川酒造の社長が誓の料理を理解してくれて、例のお酒(ひすい)を店で出せるようになれたらいいですね。

次回は11/30発売のシェリプラス2020年1月号です。

それではまた次回の感想でお会いしましょう。

橋本あおい先生のBLコミックス






関連記事