ギヴン6巻柊mix6話のネタバレ感想です。コミックス6巻の感想になるのでネタバレにお気をつけください。

真冬の幼馴染・柊のバンドにサポートで入った立夏は、柊から、真冬の亡くなった元カレ・由紀の作りかけの曲を最後まで仕上げてほしいと頼まれます。

悩む立夏は姉の弥生に相談しつつ、苦しみながら曲を創り上げます。柊に聴かせてみると、それはもう由紀の曲として成り立っていました。前回の復習はこちら。

ギヴン6巻柊mix5話 ネタバレ感想

それでは以下キヅナツキ先生の「ギヴン」柊mix6話のネタバレ感想です。

シェリプラス7月号 電子配信


シェリプラス7月号の電子版は2021年1月5日までの期間限定配信です。

シェリプラス 2020年7月号[期間限定]

シェリプラス 2020年7月号[期間限定]

シェリプラス 2020年7月号[期間限定]


ギヴン5巻 電子書籍


ギヴン(5)

ギヴン(5)

ギヴン(5)

ギヴン6巻柊mix6話 感想 ネタバレあり


柊たちとずっと一緒にいる立夏


苦しみながらも、真冬の元カレが遺していった作りかけの曲を完成させた立夏。学校でもギターの練習に余念がありません。

いつもの場所でギターを弾いていると、そこへ真冬がやってきました。

ところが集中している立夏には、真冬の声が届きません。仕方なく真冬が目の前で何度も呼ぶと、ようやく気付いてくれました。

真冬は、バンドのミーティングをするという連絡に立夏からの返事がないため、直接聞きに来たのです。

かまってくれない立夏にすねる真冬。

(むくれてる顔ちょっとかわいい)

真冬にデビューを保留にされてから、避けられていると思っていた立夏はちょっとほっとしていました。

「梶さんが土日どうかって」

「ごめん、俺ちょっとパス。もう柊とスタジオ入る約束してて」

「最近ずっと3人一緒にいる?」

ずっと。という言葉に若干戸惑いつつ、とはいえ一緒にいるのは事実なので「バイトの日以外はそうかも」と返す立夏。

真冬はそんな立夏を見て、少し不安げに目を伏せるのでした。

売れっ子になりそうな柊のバンド


立夏の作りあげた曲を聴いてスイッチが入った柊は、1日2日でバチバチに仕上げてきていました。

(正直このバンド、まじでイイ)

スタジオで音を合わせている立夏は、柊とシズの2人が素晴らしいバンドマンであることに改めて気づきます。

まず柊に悪いところが何一つないこと。

そしてシズは、元々スポーツをしていたからか手首を使うのが巧く、さらに視野も広いため、めちゃくちゃドラムが上手いのです。

立夏は柊たちを見て、売れる要素しかないと思っていたバンドが、数か月後にはもうCMソングを演奏していた時と同じような感覚を覚えます。

(この音楽を完成させてみたい)

柊はこの曲をライブでやってみたいと考えていました。立夏もそれを受け入れます。

混乱して食事の誘いを断った真冬


スタジオを出てから食事しようと歩いていた3人は、駅で偶然真冬と会います。

「今からメシ行くけど、お前も来いよ」

「行かない」

「!?え…?行こうぜ」

「行かない。またこんど」

まさか断られると思っていない3人は、何が起きたのか分からずに固まってしまいました。

真冬は振り返りもせずクールに去っていきます。

(上手にしゃべれない。バンドのこととか上ノ山くんのこと。たくさんのこわいことが急にふってきて、音楽がちゃんと聴こえてこない)

楽しそうな3人の姿に、真冬は感情が混乱していました。

さっき柊たちと一緒にいた立夏の姿が、昔の由紀の姿と重なって思い起こされます。

(あの時みたいに、皆に置いていかれるみたいな心地がする)

こわくなった真冬は、その足で秋彦の家に向かいます。しつこくピンポンを鳴らして、ドアの前に立ち尽くす真冬に驚く秋彦は…。

ギヴン柊mix6話感想まとめ


もともと昔は、由紀と柊とシズちゃんの3人でバンドを組んでいたんですもんね。

いつも幼馴染4人で一緒にいたのに、3人がバンドを始めてからは置いてけぼり感や寂しさを抱えていた真冬からすると、どうしても当時のことを思い出してしまって、疎外感や孤独感を感じてしまうのでしょう。

またあんなことにならないかという恐怖心もあるのかもしれません。由紀を失ったときみたいに。。。

真冬が頼るのが秋彦というのは何だか微笑ましいなと思いました。やっぱりなんだかんだ、同じバンドのお兄ちゃん組のことを信頼しているんですね。

真冬が遠慮なく話せて、不安や恐怖に寄り添ってくれる兄貴分がいてよかったです。

売れるバンドの要素を備えている柊たちの実力は本物です。立夏の勘が当たれば、すぐに売れっ子になりそうです。

立夏はあくまでも一時的なサポートギターだから、柊のデビューにあたっては、新加入のギタリストが出てくると思います。どんな人でしょうね。

柊とシズちゃんの間に割って入らない人で、空気が読めて穏やかな性格で、柊の性質を理解できる年上の人じゃないと厳しいだろうな。

とはいえ柊のバンドにまで話を広げると収集がつかなくなるから、ストーリーには絡んでこないかもしれません。

あ、新メンバーとしての加入はなく、サポートメンバーで補う可能性もあります。

真冬に食事を断られたときの3人の心境が「宇宙」になってて笑ってしまいました。まさかの返答に訳が分からずポカーンとするDK.3人組w

柊やシズちゃん、そして立夏の3人には、真冬があの頃を思い出して不安になっているなど、想像もつかないのでしょう。なんといっても立夏は由紀とは別人なのですから。

シズちゃんが元ハンドボール部というのは100点満点だと思いました。ハンドボール選手のゴール前の滞空時間の長いあの感じ、かっこいいよね!

次回は7/31発売のシェリプラス2020年9月号です。

それではまた「ギヴン」柊mix7話の感想でお会いしましょう。

キヅナツキ先生のBLコミックス


リンクス

リンクス

リンクス




関連記事