ギヴン7巻code.EX2話ネタバレ感想です。

柊mixはお休みで、今回は秋彦の番外編です。初ライブを成功させて恋人同士になった立夏と真冬に対し、秋彦は元カレの雨月との関係を断ち切れずにいました。

しかしフェス出場をかけたライブをきっかけに、ようやく雨月との関係を終わらせました。その後の冬の明彦のお話です。前回の柊mixの感想はこちら。

ギヴン6巻柊mix6話 ネタバレ感想

それでは以下キヅナツキ先生の「ギヴン」code.EX2話のネタバレ感想です。

シェリプラス9月号 電子配信


シェリプラス9月号の電子版は2021年3月1日までの期間限定配信です。

シェリプラス 2020年9月号[期間限定]

シェリプラス 2020年9月号[期間限定]

シェリプラス 2020年9月号[期間限定]


ギヴン6巻 電子書籍


ギヴン7巻code.EX2話 感想 ネタバレあり


ハチャメチャ事故物件とは


「この物件とかどうです?防音部屋付き1LDKですよ」

「たっっっか」

雨月と別れて地下部屋から引っ越すべく物件を探している秋彦。防音というだけでもかなり金額がアップするため、賃貸探しには苦労しているようです。

不動産屋のお兄さんは、とにかくお金がないという貧乏学生秋彦の内情を理解したようで「安ければよい?」と究極の質問を投げかけました。

「安くて楽器可ならなんでもいいです」

「ハチャメチャ事故物件でも!?」

「大丈夫です」

真顔で事故物件を推すお兄さんに、こちらも真顔で力強くGOサインを出す秋彦w

結局、そのハチャメチャ事故物件をとりあえず見に行くということで話はまとまりました。

好きな子に見直してもらいたくて


ハチャメチャ事故物件に向かう車内で世間話に興じる2人。

「お兄さんって楽器って何やってるんすか?ギターとか?」

「ドラムとヴァイオリンです」

「えっヴァイオリン!?その顔で」

思わず失礼な本音が口から出ちゃっているお兄さんに、「春にコンクール出るんですよ」と照れ顔の秋彦。

「好きな子に見直してもらいたくて」

「尊い…」

素直な不動産屋のお兄さんの反応が素敵です。

一度空に上がると地下には戻れない


ハチャメチャ事故物件にたどり着くと、地上階で素晴らしいロケーションでした。ところがそこは、楽器を弾く以前に周囲の騒音が半端ないというハチャメチャ事故物件。

隣が印刷屋で下が国道でビル風がすごい、という三重苦の地獄物件だったのです。

「きっとこれなら夜も演奏いけますよ!」

きらきらした表情でガッツポーズを決めるお兄さん。間取りは普通だというワンポイント付きで内見に入ります。

さらにお兄さんは、オマケとして(?)おじさんの霊も出るとさらりw

「でも良くないっすか?これだけ空が見えたら。一度空に上がるとマジで地下には戻れないっすよ」

いろんな意味でやばそうな事故物件ですが、大きな窓からの見晴らしは抜群です。しかも騒音が最初から酷いので、どんなに爆音で楽器を練習しても何も問題ありません。

念のため秋彦は、持参したヴァイオリンを弾いて試してみることにしました。

はちゃめちゃいい物件じゃないすか


「俺は全く音楽とかわかんないですけど、なんかスゴかったっす。ブラボー!」

秋彦のヴァイオリンに「ドキドキしちゃったなあ」と驚くお兄さん。音も全然大丈夫そうです。

しかも、このあたりでは夏に花火大会があって、この部屋からも花火が見られるとか。

「はちゃめちゃいい物件じゃないすか」

「ね、ここにしましょう」

ギヴン7巻code.EX2話感想まとめ


秋彦、地下脱出おめでとう!良い物件に出会えてよかった。好きな子に見直してもらいたくて、だなんて赤くなって言う秋彦がかわいかったです。

雨月と蜜月関係にあった頃の秋彦は、真顔や小難しい顔が多くて、まさかこんな人間らしい表情を見せてくれるとは思いもしませんでした。人って変わるものなんですね。

不動産屋のお兄さんもグッジョブでした。こういう正直な感じのお兄さんは本音で話してくれるから、気持ちがよい接客で顧客にも好かれそうです。

今回も見事、ハチャメチャ事故物件をばっちり契約できたしw

こういう条件の部屋は絶対ずーっと未契約のまま空き家になってたパターンで、不動産屋としても頭の痛い物件だったと思うんですよね。

誰かにとっては悪物件でも、誰かにとっては良物件になる。というのは人と同じで、自分と合う人が他人とも合うとは限りません。友達しかり恋人しかり。

騒音なんてほとんどの人は避けたい物件ですが、今回はそれが必要な人の手にわたって、お兄さんもお手柄でした。

「一度地下から地上に出たら、もう地下には戻れない」というお兄さんの何気ない言葉。

深読みすると、もう決して元には戻らない雨月と秋彦との関係のようで、なんだかとても感慨深いです。雨月もいつかきっと誰かと幸せになれますよね。。。

騒音よりもおじさんの幽霊のほうが地味に気になりますが、まあそこは秋彦と春樹の愛のパワーでなんとかなるってことで。

次はまた柊mixに戻るかな。次回は9/30発売のシェリプラス2020年11月号です。

それではまた「ギヴン」柊mix7話の感想でお会いしましょう。

追記)柊mix7話の感想を書きました。

ギヴン7巻柊mix7話 ネタバレ感想 キヅナツキ

キヅナツキ先生のBLコミックス


リンクス

リンクス

リンクス




関連記事