左京亜也先生のBLマンガ「年頃のオトコノコとアレ」がBLCDになります。8月26日発売決定!




【Amazon】

年頃のオトコノコとアレ

Amazon co.jp限定 年頃のオトコノコとアレ 描きおろしSSつき

【あらすじ】

ひとりエッチを、うっかり親友の篠原に見られてしまった高校生・櫻井。けれどその後、なぜか篠原は櫻井のひとりエッチに積極的に参加するように・・・!?

親友からの激しすぎるスキンシップに非常にとまどいつつも、ついつい気持ちよくって流されてしまう櫻井だったが・・・。

「年頃のオトコノコとアレ」 左京亜也



増田俊樹×斉藤壮馬



BLドラマCD「年頃のオトコノコとアレ」発売日は8月26日です。



一番最初にキャストの2人の名前を見たときの印象が「新鮮な組み合わせ!」って感じだったのが、記憶に残っています。

増田俊樹に斉藤壮馬というと、あまりBLCDではメインでお目にかからない2人です。

どんなBLCDでもそうですが、あまりお馴染みではない声優がキャスティングされると、不安半分、期待半分くらいでドキドキします。

ですが2人ともアニメで活躍する人気声優ですし、プロなので大丈夫!と信じて温かい目で発売を待ちたいです。



BLCDのキャストって本当に難しい。



人気も実力も実績もある声優さんだと、安心感はありますが、出演数が多すぎて「またか」と思う人もでてくる。

たとえばもしキャストで、小野友樹、羽多野渉、前野智昭、興津和幸etcが挙がると、ほっとして安心する反面、似たような顔ぶればかりで「あれ?どこかで聞いたような・・・」ってなっちゃう可能性も高くて。。。

声優さんのほうも、飽きられないようにしないといけないし乱発は禁物。

でもこちらとしては、だんだんBLCDに出てくれなくなる人もいるから、聞けるうちに聞きたいし、好きな漫画にキャスティングされるとすごく嬉しい。

ほんと、難しいです。

でも、新しい人のBLCDをドキドキしながら聞いて、思った以上の攻めっぷり・受けっぷりだったりすると、思わぬ拾いものをしたような気持ちにもなれますね。

増田俊樹は「ある小説家のノロケ話」で野島裕史を相手に攻めてますし、斉藤壮馬は「鬼の王と契れ」の中で小野友樹に攻められてるので、特に問題なく演じてくれるのではないかなと思います。

内容も高校生ものだし、初々しい感じや瑞々しさのあるエロスが期待できるのではないでしょうか。

8月の発売が楽しみです。


左京亜也先生のその他BL漫画。









【参考までにレンタの使い方】

レンタ!が初めての方へ

レンタ!のご利用方法

レンタ!で困ったときは








左京亜也先生のBLマンガ一覧

関連記事
 カテゴリ
 タグ
None