純情ミックスのネタバレ感想です。エメラルド2023年夏の号「純情ミックス」はロマンチカ編、エゴイスト編、テロリスト編の合計3編です。

去年もありました純情ミックス最新話です。たくさんいるカップルが、こうやってちょくちょく顔を出してくれるのは嬉しいですね。私のお気に入りは忍ちんです。

どのカップルもラブラブで深刻にならない雰囲気なのが短編のいいところです。みんな同じような日常の中でも2人の関係が少しずつ前進しているようで、ずっと見守っていきたいです。

前回の純情ミックスの感想はこちら。

純情ミックス ネタバレ感想

エメラルド夏の号の「世界一初恋 小野寺律の場合」の本編感想はこちら。

世界一初恋19巻小野寺律の場合36話 ネタバレ感想

というわけで「純情ミックス」の感想です。ネタバレしているのでどうぞお気をつけください。

エメラルド春の号 電子配信


雑誌エメラルドも世界一初恋の単行本も、残念ながらまだ電子配信されていません。紙で読むかコミックスを待ちましょう。早く電子化されますように。



海ニ眠ル花 電子配信


中村春菊先生の時代物BLが電子化されました!世界一初恋もこの流れに続いて電子化されるといいな。

海ニ眠ル花 第1巻

海ニ眠ル花 第1巻

海ニ眠ル花 第1巻

純情ミックス感想 ネタバレあり


純情ロマンチカ ウサギさん×美咲


「美咲くん!今回も大活躍ね!」

ウサギさんの出版した絵本は、業界でも話題沸騰、売り上げもかなりすごいことになっているようで、編集者は大喜びです。

初耳の美咲はただただびっくり。ちなみに絵本のタイトルは「みいくんのおべんと」であり、モデルになっているのはどうやら美咲のようです。

勝手に名前を使われたことを呆れる美咲ですが、気になってネットで口コミを調べると大絶賛の嵐wちょっと複雑な美咲です。

実はウサギさんは美咲がゲームに夢中になっている隙に、美咲をモデルにすることにOKをもらっていました。

「まったく記憶にないのですが…」

なんだかんだ自分の作った絵本の読み聞かせを美咲にしてくれるウサギさん。

しかし絵本の内容は、お弁当を食べようとしたところで突如お弁当を奪われ、黒づくめの男が謎の暗号メモを残していき、そこからは延々とファンタジートリップスペクタクルストーリーが続くという壮大な展開w

主人公・美咲が、忍び寄る追っ手をかわしながら、謎を解き時空を超えて、くまのすーたんと駆け巡る冒険アドベンチャーです。

(いくら何でも世界観、無茶苦茶すぎるだろ!でも面白いというか、話のつじつまは合ってるのが謎すぎるんだけど)

あまりの壮大な展開に青くなる美咲。続きが気になる美咲に、ウサギさんはキスをしかけます。

「俺、明日早朝シフトって言いましたよね」

「お前がその先をご希望なようなので」

「そういうのずるいんだけど!?」

「俺は夜も美咲のそばにいることができるなら、どんな理由でも構わないだけだ」

狭いベッドの上で、いい年の男が絵本の読み聞かせをして、なにをしているんだろうと思う美咲。でも自分を見つめるウサギさんがあまりにも嬉しそうな顔をしているから結局は許してしまうのでした。

一夜明け、どうしても絵本の続きが気になる美咲は、本屋さんへこっそり行って確認します。しかし全然話が違うことに気づいて唖然とします。

昨日のウサギさんの話の続きが気になって仕方がない美咲なのでした。

純情エゴイスト 野分×ヒロさん


野分と久々にデートをした帰り道、駅にあったピアノに気づいたヒロさん。酔っぱらっていたこともあり、野分のリクエストに応じて軽く弾いてみました。

しかし満足できる演奏ができずショックを受けたヒロさんは、昨日野分が電子ピアノのパンフレットをもらってきたことから、つい勢いで買ってしまいます。

家にやてきた電子ピアノを弾いてみるも、やはり弾けなくてショックを受けているところへ帰宅してきた野分。

「楽器全然できない俺からすると、本当に弾けるだけですごいんですよ!?」

野分は猫ふんじゃったですら弾けません。ピアノを弾くということに全く縁のない生活だったのです。

「ピアノの思い出っていえば、誕生日会くらいかな」

草間園時代に、職員さんが誕生日月の子たちにお祝い会を開いてくれていたのです。でもそれは、その月に生まれた全員まとめてのお祝い。

野分にとっては、自分ひとりだけのためのお祝いやピアノ演奏というのは、まだ未経験なのでした。

そんな野分に、ヒロさんはハッピーバースデーの簡単なメロディーの弾き方を教えます。嬉しそうな野分。

「今日は誕生日でもないけど、これはお前だけの曲。お前の誕生日にまたいくらでも弾いてやるよ」

野分は嬉しくなって、ヒロさんをギュッと抱きしめました。

「本当に嬉しいです。今日ってなんでもない日だけど、特別な日になりました」

(野分にとって誕生日は自分の出生を再確認する日でもあるんだろう)

野分はヒロさんに、誕生日ソングを弾けるように教えてほしいと頼みます。

「弾けるようになったら、俺もヒロさんの誕生日にこの曲弾きますね」

(ああそっか。こういうのが特別な日ってやつなのか)

照れたヒロさんは厳しい指導を約束し、実際にレッスンは、夜勤明けの野分を叩き起こす等のかなりきついものとなったのでしたw

純情テロリスト 宮城×忍ちん


「宮城くん、きみに再婚前提で引き合わせたい女性がいるんだが、どうかな?」

(あ~~~いつか来るとは思っていました~~~~~)

学部長に呼び出され、お見合いの提案をされる宮城。

「いやあ学部長。こんな冴えないおっさんと再kンとか、お相手の方に失礼でしかないかと…」

「君も相変わらず謙遜がすぎるなあ」

「いやいや本当にただの芭蕉オタクのおっさんなだけなんで…」

まさか「あなたのご子息jと付き合っているので」とは言えるはずもありません。ごにょごにょと言葉を濁し続ける宮城に、学部長は首をかしげるのでした。

「とりあえず会うだけ会ってみてはどうかね。お互い大人だ。縁がなければそれはそれで仕方ない事だ」

帰宅後に宮城が見たのは、ものすごい形相で怒り心頭な忍ちんw

お姉さん情報で忍ちんのところにも話が伝わっていたようです。ギリギリと歯ぎしりをしながら宮城を睨みつける忍ちん。

「断ったから大丈夫!だいたい俺はそんな気ないし、そもそもお前と付き合ってるんだし。な?だろ!?」

お怒りの忍ちんを必死でなだめる宮城。会うだけでもとの学部長からの言葉にも、きっぱりと断ったようです。

学部長は悪気があって言ってきたわけではありません。2人が付き合っているのも知らないのです。

「宮城、俺さ、お前と別れる気ないけど、たまに不安になる。俺達の関係がいわゆる世間一般ってやつとは違うってのは俺だって分かってるんだ」

だからといって気にする必要はないと考えている忍ちん。でも宮城がどうかは忍ちんには分からないのです。

「俺の存在が足かせになってるんじゃないかって、お前が俺の事で何か我慢してるんじゃないかって」

忍ちんは自分が宮城の足手まといになっているのでは、と考えていました。

「けど、それでも俺は宮城のことが好きだから、諦めるとか別れるとか絶対に嫌だ」

その上で素直な忍ちんは自分の気持ちを告げました。

いつもの調子でぎゃあぎゃあと「てめーがはっきりしないからだろ!」などと責められるのだろうと思っていた宮城は驚きます。

「お前、俺の事本当に好きなんだな…」

「好きで悪いか」

真っ赤になる忍ちんですが、それでもとても素直なのでした。結局はかわいい忍ちんにはお手上げな宮城。

ところが思いきり愛し合った後、忍ちんが爆弾発言を落とします。

「親だから言えないって思ってたんだけど、親だからこそ言わないといけないんだって気づいた。さっさと話してストレス解消するしかなねえ!」

開き直ったかのように今にも学部長に突撃しそうなの忍ちんを、慌てふためいて止める宮城なのでした。

純情ミックスの感想まとめ


忍ちんw若さと勢いってこわい。でもぐじぐじと悩んでうじうじしているのは忍ちんの性に合わないというのも分かります。

でも父親は学部長なのだから、ヘタをすると宮城の仕事に迷惑がかかるかもしれない以上、かなり慎重に対応しないとい行けない問題のはずですね。

宮城もそのへんをよく分かっているから、今後も忍ちんをうまくコントロールしていってほしいです。ちゃんと見合いもその場で断ってくれたみたいだし。

歳の差があるゆえ、忍ちん→→→→→→→←←宮城くらいの愛情に見えますが、宮城はいつも大人として自分を律しながら忍ちんのことも想いやってくれています。

忍ちんもかわいい顔して竹を割ったような性格といいますか、男らしくまっすぐで、それゆえ暴走しがちwなところを宮城がしっかり手綱を握って、末永くケンカしながらもずっと一緒にいてほしいです。テロリストもっと読みたいなー。

野分とヒロさんも、野分の切ない気持ちがヒロさんによって浄化されていくところにぐっときました。お互いを支え合って救いあって生きているんだなーと大人同士のカップルの良さをしみじみ感じます。

ロマンチカに関しては、うん、なんていうか私もこの絵本読みたいw子供向け絵本なのに、なんという壮大で肉厚なストーリーww

これってたぶん子供に読み聞かせしている親のほうがハマっていくパターンなのでは?口コミでも大絶賛のようだし、このままシリーズ化されそうです。

みんなラブラブで、シリアスにならない純情ミックス、ご馳走様でした。明日からも仕事がんばります!また1年後くらいに忍ちんに会えるといいな。

中村春菊先生のBLコミックス


柳瀬優と伊集院先生の関係にもすごい進展がありました!

純情センチメント3話ネタバレ感想【伊集院×柳瀬優】

【急展開!!】純情センチメント2話ネタバレ感想【伊集院×柳瀬優】

純情センチメント ネタバレ感想

世界一初恋 ネタバレ感想 中村春菊





純情ロマンチカ ネタバレ感想





「海ニ眠ル花」は中村春菊先生の時代物BLです。

海ニ眠ル花 第1巻

海ニ眠ル花 第1巻

海ニ眠ル花 第1巻


▼【2022上半期】売れたBL漫画ランキング▼

▼1年間でもっとも売れた人気BL漫画ランキング▼

▼このBLがやばい2022ランキング▼

関連記事