抱かれたい男1位に脅されています9巻、同棲編スタート直前の読みきり編の感想です。

卯坂さん×アリス先輩カップル最終話の感想はこちら。

抱かれたい男1位に脅されています9巻5話 ネタバレ感想

「抱かれたい男1位に脅されています。」9巻は2023/11/9に発売です。この読みきりは9巻に入るかな。

それでは以下「抱かれたい男1位に脅されています」9巻の読みきり編ネタバレ感想です。

マガジンビーボーイ10月号 電子書籍


マガジンビーボーイ10月号の電子版は2024年3月28日までの期間限定配信です。気になる人はお早めにどうぞ。

マガジンビーボーイ 2023年10月号

マガジンビーボーイ 2023年10月号

マガジンビーボーイ 2023年10月号


抱かれたい男1位に脅されています9巻 電子配信


抱かれたい男1位に脅されています9巻読切 感想 ネタバレあり


同棲を始めるラブラブカップル


「本当にいいんですか、それで」

「お前の好きにしろ」

「後悔しませんね?高人さん」

「男に二言はない。何度も言わせるなチュン太」

「でも…」

家具屋さんで唐突に始まった2人芝居の雰囲気w

「くどい!お前の好きなカーテン買っていいって言ってるだろ!金は俺が出す!」

高人はおもむろに、キラッキラのクレジットカードを差し出しました。高人さんかっこいー!!

「一緒に選びたいです~どっちがいいですか?とかやりたいです~」

家具屋さんで、これから同棲を始めるラブラブカップルらしいやりとりをやってみたいチュン太。

実は新居を決めたその足で家具選びをしに行くという急ぎすぎ展開なのでした。

お前んちにいる時間が長くて、そっちの感じに慣れたよ。


新居の内見では、チュン太がテキパキとあちこちをメジャーで計ってメモしてきたので準備は万端です。

「高人さんと新婚さんみたいなことできて嬉しいです」

「誰が新婚だ。とにかくお前の趣味でいいって」

高人の現在の部屋はシックな雰囲気にまとまっています。チュン太としては、そういう雰囲気が高人の好みなのかと気を遣っているようです。

ですが高人は特にこだわりがなかったためシンプルにしていただけ。

「それになんか、お前んちにいる時間が長くて、そっちの感じに慣れたよ」

「じゃあ俺の趣味でいかせてもらいますね」

チュン太の部屋で2人で過ごす時間が長かったから、高人もチュン太好みの部屋のほうが落ち着くようです。

結局はチュン太の好みに合わせて家具を選ぶことになり、高人はまるで嫁の買い物に付き合う旦那状態になっていました。

ベッドは迷わずキングサイズで!


高人はふとベッドコーナーで足を止めます。

(そういえばベッドはツインなのか?ダブルなのか?これから選ぶなら普通ツインだよな?2人暮らしだからツインになるよな?)

これまでずっとチュン太のベッドで一緒に寝ていた高人はぐるぐると悩み、結果「ツインだな」と落ち着きます。

「じゃあこのキングサイズを1台お願いします」

ところがチュン太は、当然のように迷わずキングサイズを笑顔で注文しましたw

(とうとう同せ…同居か。ということはあいつのあの恵比寿の部屋には、もう行くことがなくなるんだなあ)

思い出のつまった部屋で


引っ越し前夜。

私物も増えていたので、高人は荷物の整理を手伝いに行きます。段ボールだらけの部屋は、思った以上にガランとしていました。

一通り片付け終えた後で、チュン太が高人を労います。

「高人さん、半端に残ってるワイン飲んじゃいませんか?」

グラスはもう段ボールに片付けてしまったので、ハートマーク付きのペアカップです。

「実は俺、ちょっと淋しいんですよね。この部屋では高人さんんとの色んなことがあったから」

チュン太は、新生活の前にちょっぴり感傷的になっているようです。

「はじめて高人さんを抱かせてもらったの、この部屋だったから名残惜しくて」

「…そーかよ」

「でも本当に俺、強引でしたよねっ高人さんが逃げ出すほど…」

「あーもーそれいいって」

「これからは背中見せられても、追いかけないよう気をつけます!これじゃただの獣ですもんね」

「俺も気をつけるよ色々と」

獣に会ったときは目をそらさずにそのまま後ろ歩きにゆっくり後ずさって…などと熊に遭遇したケースを想定している高人w

明日から新しい部屋で同棲生活スタート


「高人さん、この部屋で最後の思い出もらってもいいですか?」

高人は、引っ越し作業で汗をかいたからと消極的です。しかしそんなことごときでは、チュン太は引き下がりません。

「高人さん知ってますか?臭いって記憶に一番残るらしいですよ」

結局押しに負けた高人は、今の部屋ラスト記念に、チュン太の部屋で抱かれるのでした。

「新しい部屋、ヘランだから目黒川が見えた。だから春には桜が見れる」

「じゃあ毎年2人で見れますね」

2人の同棲新生活が、明日から始まります。

感想まとめ


恵比寿から目黒川沿いに引っ越すんですね。芸能人2人が暮らすのだから、これまで以上にセキュリティはガチガチのところでお願いします。

愛の巣のために新婚ごっこをしたがるあたりがチュン太らしいです。ドライな高人も想像通り。でも高人は、もうずっとチュン太と一緒に過ごしてきたから、チュン太色に染まっているんですね、

ツインかダブルかで迷っている高人に、迷わずキングサイズを注文するチュン太。大の男2人が一緒に寝るんだから当然キングサイズ一択です。

家具屋で一般人にちょっぴり見つかりかけても、もうあまり気にせず買い物している姿にはちょっとジーンとしてしまいました。

みんな、芸能人を見かけたらプライベートはそっとしておいてあげましょうね。とはいえ推しと遭遇して、そんなに冷静でいられない気持ちもよく分かりますが。

衝撃の初抱きから始まり、別れからまた復縁。いろんなことがありすぎた思い出の部屋での生活はこれでおしまい。

明日からは同棲生活が始まります。高人はかたくなに同棲じゃなくて同居!と思っているようですが、同棲で間違いない。異論は認めぬ。

この後は、アリス先輩兄と教え子君の恋が始まっちゃうのかなー!?と期待していましたが、ちゅんたか同棲編が連載でスタートするそうです。

次は単行本作業のためお休みです。同棲編スタートは11/7発売のマガジンビーボーイ12月号でしょうか。

それではまた次回の感想でお会いしましょう。

桜日梯子先生のBLコミックス


ラブトモ

ラブトモ

ラブトモ





▼2022年もっとも売れた人気BL漫画ランキング▼

▼このBLがやばい2022ランキング▼

関連記事
 タグ
None