美術手帖2014年12月号 ボーイズラブ特集

まさかの「美術手帖」がBL特集を組むということで、発売が発表されてから、話題騒然でした。こんないわゆるアーティスティックな、れきっとした美術雑誌で、まさかのボーイズラブ特集。

いやあ、素晴らしい世の中になったものです。

普段、美術手帖を定期購読とかしているデザイナーとか美術系の仕事をされている方など、どう思われるんでしょうかw



美術手帖 2014年 12月号(Amazon)

<内容>

【特集】

ボーイズラブ“ 関係性“の表現をほどく。ボーイズラブ(BL)をはじめ、同性愛を描いた少女マンガやゲイ・コミックのマンガ表現に迫る。

・中村明日美子による表紙イラスト+描きおろしマンガ+折り込みポスター

・マンガ家10名のロングインタビュー(よしながふみ、こだか和麻、ヨネダコウ、宝井理人、雲田はるこ、トウテムポール、はらだ、鳥人ヒロミ、中村明日美子、 田亀源五郎)

・スペシャル描きおろしイラスト
えすとえむ、腰乃、岡田屋鉄蔵、ヨネダコウ、雲田はるこ、宝井理人、トウテムポール

・BL座談会:金田淳子(やおい・ボーイズラブ研究・同人誌研究/社会学者)×福田里香(お菓子研究家)×山本文子(編集者)

・論考:松井みどり(美術評論家)、暮沢剛巳(美術評論家)、泉信行(漫画研究家)

・[コラム]ボーイズラブの歴史
・[コラム]ボーイズラブ世界一周―(世界各国のBL事情)
・BL入門ブックガイド

Amazonより)
まず、表紙は中村明日美子先生。この表紙だと、ガッツリ肌色絡んでまーすっていう感じがないので、一般の方でも手に取りやすそうですね。

中村明日美子先生といえば、「同級生」が超有名です。ドラマCDにもなってます。「空と原」もすごく良かった。


同級生

同級生

同級生



空と原

空と原

空と原



美術手帖、今回は特集というだけあって、読み応えはたっぷりです。半分くらいはこの特集でした。

普段は聞けないBL作家へのインタビューだとか描き下ろしだとかイラストだとか、お値段も強気設定なだけあって、なかなかの「読ませる特集」だったと思います。

そんな特集の中で気になったのがこちら。



必ず読みたいBLマンガ20



要するに、入門編として読んでおくといいよというBLコミック20が発表されていました。いろいろと思うところありますが、一部ご紹介してみましょう。




SEX PISTOLS(8)

SEX PISTOLS(8)

SEX PISTOLS(8)



LOVE&CATASTROPHES

LOVE&CATASTROPHES

LOVE&CATASTROPHES



幻月楼奇譚

幻月楼奇譚

幻月楼奇譚



年々彩々

年々彩々

年々彩々



茜新地花屋散華

茜新地花屋散華

茜新地花屋散華



刺青の男

刺青の男

刺青の男



equus

equus

equus



さんかく窓の外側は夜 1

さんかく窓の外側は夜 1

さんかく窓の外側は夜 1



生徒会長に忠告(7)

生徒会長に忠告(7)

生徒会長に忠告(7)







10DANCE 2

10DANCE 2

10DANCE 2



憂鬱な朝 3

憂鬱な朝 3

憂鬱な朝 3



ライアテア (上)

ライアテア (上)

ライアテア (上)



マッチ売り

マッチ売り

マッチ売り



他には、 紅蓮ナオミ「まさかの金太狼」、西田東「きっと恋に違いない」、山中ヒコ「500年の営み」、九州男児「課長の恋」が紹介されていました。

いかがでしょう。このラインナップ。コアというか濃いというか個性的というか。

作品として面白いのは面白いんですが、「初めてBLコミックを読む人が対象」となると、ハードルが高い作品もあるかなあという印象です。

腰乃先生、日高ショーコ先生の作品あたりはいいと思いますが、えすとえむ先生の作品は人ではないので、一番最初に読む作品としては、ちょっとお勧めしにくいような・・・。

こういうところに挙げるなら、ここからBLに入りましたという人も多いであろう、我らが中村春菊先生の「世界一初恋」「純情ロマンチカ」あたりが入っていてもいいのではないかと思いますが、大人の事情などもあるんでしょうか。。。

高永ひなこ先生の「恋する暴君」とか夏目イサク先生の「イカサマ」「飴色」あたりも、メジャーで絵もきれいで初心者にうってつけだと思うんですが。

やはり人それぞれ、お勧めは違うっていうことなんですね。

恋する暴君 6

恋する暴君 6

恋する暴君 6



いかさまメモリ(1)

いかさまメモリ(1)

いかさまメモリ(1)





今回の美術手帖は、他にも盛りだくさんではありましたが、目玉はやっぱり、表紙担当の中村明日美子先生の描き下ろし漫画の「ボーイズラブ」でしょう。

16ページと短いですが、美術手帖掲載向けのためか丁寧で雰囲気のある描き下ろしで、私はとても気に入りました。

ぜひ続きを読みたいです。制服カップル、いいですよね。学ランもブレザーもすばらしい。やっぱり制服は正義だわ。

イラストで気に入ったのは、ヨネダコウ先生と宝井理人先生。

作家のインタビューもたっぷりあるので、少しずつ読むと、好きな作家の頭の中をチラ見させてもらえるようで、なんだか嬉しいです。

関連記事