このBLがやばい!2015年度版は、2014年12月12日(金)発売!毎年この時期になると「このBLがやばい!」本が気になり始めます。

私は「このBLがやばい!」を毎年楽しみにしていて、時につっこみながら、時に意外に思ったり、時にショックを受けたりしながらw楽しく読んでいます。

自分の好きな作品が上位に入っていたら、何やら嬉しくなってニヤニヤ。知らない作品だったら読んでみようと思ったり、新しい開拓もできるので、2015年度の発売も待ち遠しいです。

このBLがやばい!2013年度版 ネタバレ感想

このBLがやばい!2012年度版 ネタバレ感想

このBLがやばい!2011年度版 ネタバレ感想

このBLがやばい!2010年度版 ネタバレ感想

このBLがやばい!2009年度版 ネタバレ感想

このBLがやばい!2008年度版 ネタバレ感想 

というわけで今年も楽しみな「このBLがやばい!」2015年度版が12月12日に発売になる前に、2014年度版で総復習しておきましょう。
1位

このBLがやばいを見て知ってから読んだ作品。1位なのは意外だったけど良かった。

東京心中 第一部

東京心中 第一部

東京心中 第一部


2位

表紙につられて読んだ作品。かわいい系のファンタジーが嫌いじゃないならぜひ。

マウリと竜

マウリと竜

マウリと竜


3位

表紙があまり好みではなく、全然期待せず読んだら面白くて目からうろこ。

10DANCE 1

10DANCE 1

10DANCE 1


4位

さすがのヨネダコウ先生ですよ、お見事。BLCDも最高でした。


5位

女装はあんまり萌えないな・・・という私でも、秀良子先生の手にかかれば!ですよ。


6位

安心安定のヨネダコウ先生、独特の雰囲気が最高です。BLCDも実に優秀でした!

NightS

NightS

NightS


7位

絵で好き嫌いが分かれてしまいそうですが、話の力でぐいぐいもっていかれた感。


8位

日高ショーコ先生なら安心。絵がきれいでほれぼれします。全巻もってる。

花は咲くか(1)

花は咲くか(1)

花は咲くか(1)


9位

小生意気そうな受キャラに、この表紙。読むしかないでしょう。

誤算のハート

誤算のハート

誤算のハート


10位

読んだんですが実はあまり記憶にない作品。あれ、おかしいな。読み直します。

ひとりじめマイヒーロー

ひとりじめマイヒーロー

ひとりじめマイヒーロー


11位

ラブコメの軽さが心地よかった。重いBLを読んだ後とかにおすすめ。


12位

THE・エロ。エロ擬音の多さも、好みが分かれるところでしょうか。とにかくずっとエロのターン。


13位

絵とセリフの配置にアーティスト性を感じます。こういう空間の使い方、好きです。

夜空のすみっこで、

夜空のすみっこで、

夜空のすみっこで、


14位

丁寧な作品で、読後にほのぼの気分にひたれます。ちょっと表紙で損をしていませんかね?

ふしぎなともだち

ふしぎなともだち

ふしぎなともだち


15位

BLという分野に押しとどめるには惜しいような、魅惑のファンタジー。大人向け絵本という感じ。


16位

ランクインしたのはレンタにはない作品「花鳥風月」。でも、志水ゆき先生なら「是-ZE-」のほうが有名ですね。

是−ZE−(1)

是−ZE−(1)

是−ZE−(1)


17位

読んだらもう、パンツのことで頭がいっぱいになりますね。腰乃先生、さすがですw


18位

先の展開を予想できず、じわじわくるいい話。絵はちょっとクセがあるけどおすすめ。


19位

「花のみぞ知る」のスピンオフ。この表紙も秀逸です。私は弱いんです、こういう和な雰囲気の表紙。

花のみやこで

花のみやこで

花のみやこで


20位

オサレ感ただよう作風で、続くんだよね?って確認したくなる作品。絵はリアル路線(?)で独特です。



その他各電子書籍サイトでも配信されています。ご利用の状況に応じてどうぞ。

【BookLive!】で探す

【ひかりTVブック】で探す

【コミックシーモア】で探す

【eBookJapan】で探す

みなさんいかがですか?

これ読んでないな・・・とか、これ全然知らないな・・・とか、フハハハハやっぱり私の目に狂いはなかったわ!とかいろいろあるかと思います。

私はとりあえずは全部読んで制覇しましたが、毎年「このBLがやばい!」を見て初めて読む作品もあります。

当然ながら人それぞれ好みもあれば、お勧めもまったく違う。だって人間だもの。(byみつを)

あくまでも参考に、だけど勧められなかったら自分では絶対に読まなかったであろう(手にとらなかったであろう)作品に出会えるのも、この手のランキングの素晴らしいところですね。

こういう本が出版されるということは、私のようなリアル腐女子友達のいない隠れオタクとしては、他人の動向を掴めるのでとってもありがたいです。

2015年度版もどんな大番狂わせがあるのか、順当なのか、一押しのあの作品はランクインするのかも全部含め、発売が楽しみです。

関連記事