アニメ「純情ロマンチカ3」10話感想です。

待望の純情エゴイスト回です。100%ネタバレ感想になりますのでご注意ください。

野分とヒロさんに再会



【純情ロマンチカ3 10話ネタバレ感想】

「逢いたいが情、見たいが病」

前半パートは上条視点、後半は野分視点でした。

しょっぱな、野分の誕生日にはりきって髪をオールバックにしちゃうヒロさんという出落ちでスタート。ヒロさん、言っちゃ悪いけど全然似合わないので髪は普通におろしててくださいw

ヒロさんは楽しみにしていたようですが、野分の多忙によって誕生日の食事会もキャンセル。野分は大学病院で働く忙しい研修医なので、これは仕方ありません。

夜遅く、職場の先輩である津森さんに送ってもらって帰宅した野分。ヒロさんを見て、疲れているくせに下半身が反応してしまいます。

仕事の疲れから寝落ちする野分に、思わずさかさまチューしたヒロさん。ですが、気配を察知したのかばっちり目を覚ました野分と、なんとなくいい雰囲気に。。。

明けて次の日、2人きりでお祝いする予定が、津森先輩が家にやってきて結局3人で過ごすことになってしまいます。

そんな折、野分が夜勤を終えて帰宅したら、テーブルにはお見合い写真が置いてありました。(BLあるある)

ヒロさんの実家から送られてきたものでしたが、ヒロさんは勝手に見た野分を叱りつつ、気にしないように釘をさして出勤していきます。

野分は、自分がこの仕事を選ばなければもっとヒロさんと一緒に過ごせたのかな。。。とぐるぐる。ヒロさんとステキ同棲ラブ生活を満喫する構図を妄想しますw

本当はお見合いするつもりなんじゃ・・・と不安になる野分。病院へ出勤したら、津森先輩が人妻を口説いてフラれて、頬を殴られていましたw

そこへヒロさんからメールが。お昼を一緒しないかというお誘いでした。

野分が待ち合わせ場所に行くと、ウサギさんとバッタリ!純ロマはバッタリと偶然が多いことで有名です。

そこへ走ってくる美咲。ウサギさんに頼まれた「じゃがバタもちもちチーズのりバーガー」を、学食で買ってきてあげたのでした。これ、私も食べてみたいです。

大学の助教授である(鬼の)上条の姿を見て、慌ててその場を逃げ出す美咲。ウサギさんも美咲を追って去っていきます。

ウサギさんから、美咲のことを「同居人」と聞いたことで、安心するヒロさん。人に心を開かなかったウサギさんに同居するような人ができたということで、ヒロさんは友人としてホッとしたようです。

かつてウサギさんに片思いしていたヒロさんですが、今は野分という恋人ができて、ウサギさんのことはもう過去の良い思い出になっているんですね。

ヒロさんが野分を呼び出したのは、見合い写真を「大事な人がいるので見合いは受けない」という手紙つきで、実家に送り返すところを見せるためでした。

「これが答えだ!」言い放って、その場でポストに投函するヒロさん。そんなヒロさんに抱きつく野分。さらに我慢ができなくなった野分は、天下の往来で堂々ヒロさんにキス。

その後、つっぱしった野分が「一度ヒロさんのご両親にご挨拶を!」とキラキラした表情で言いますが、ヒロさんが渋い顔でたしなめて終了。

エンドカードは、まさかの藤崎都先生先生の小説でした。字が小さくて読めないwエンカで小説とかって聞いたことないです。斬新でした。

久しぶりに野分と上条に会えました!

純テロの忍ちんとかもそうですが、めったに出てきてくれないと、会えた時の嬉しさもハンパないですね。動くヒロさんと野分に会えてすごく懐かしかったし終始ニヤニヤしてしまいました。

それに違うカップルのお話でも、別のカップルがちらっと映るとテンション上がるのは私だけでしょうか。

今回のウサギさんや美咲もですし、何話だったか忘れちゃいましたが、丸川の社内で美咲たちの横を、高野さんとりっちゃんが通り過ぎて行った回もありました。発言はなくてもこういう小ネタ(?)に痺れます。

野分とヒロさんは、つきあって7年も経っていて同棲もしているので、もうマンネリだとか緊張感のなさだとかのほうが問題になってもよさそうなカップル。

ですが、相変わらず2人ともラブくてお互いを大事に思っていて、終わってみればとても心温まるお話でした。願わくばヒロさん、美咲に単位を・・・w

次回、第11話も楽しみです。

中村春菊先生のBLマンガ一覧

関連記事
 カテゴリ
 タグ
None