このBLがやばい2016の投票がもうすぐ締め切りです。

8月1日、801(やおい)の日に投票がはじまった「このBLがやばい2016」のウェブ投票受付が9月30日までと迫ってきました。

腐女子たちにとっては、毎年年末の恒例行事ですね。誰でも参加できるので、お気軽にどうぞ。

このBLがやばい2016 ウェブ投票

エントリー対象となるBLは、2014年10月~2015年9月に発売されたBL作品です。発表は12月12日(土)に発売される「このBLがやばい2016」の紙面上です。

私は隠れ腐女子なので、普段誰かとBLについて語れないぶん、こういうランキングに参加して皆で楽しむお祭り気分を味わってます。
まずは、「テンカウント」3巻「囀る鳥は羽ばたかない」3巻「花は咲くか」5巻という続刊は堅いでしょう。

「テンカウント」と「囀る鳥は羽ばたかない」は、昨年同様に安定の上位ベスト10内はほぼ確実なのでは。

「花は咲くか」5巻は完結ということもあって、長年追いかけ続けてきたファンの力でかなり上位に食い込みそうです。

「抱かれたい男1位に脅されています。」2巻「不機嫌彼氏のなだめ方」、このあたりも強そう。

続き物は評価が難しいですが、いいものはいいですしね。

さらに忘れてはならないのが、彗星のごとく現れたスカーレット・ベリ子先生の「四代目・大和辰之」と「みのりの手」。

ただ2冊あるので、票が割れるかもしれません。

四代目・大和辰之(1)

四代目・大和辰之(1)

四代目・大和辰之(1)



個人的に特に注目している作品たち。

BARBARITIES I

BARBARITIES I

BARBARITIES I









「BARBARITIES」1巻は、今ものすごく続刊を待ち望んでいて、タイムマシンがあったら確実にまずこれの2巻を読むと思いますw「パパ’s アサシン。」シリーズも同じく。

「営業二課っ!」は漫画もドラマCDもすごく良かった。リーマンもののノンケ×ゲイといえばこの漫画を思い出すくらい。

「寄越す犬、めくる夜」はまだ1巻なんですが病み具合が静かに怖くて先が読みたいような読みたくないような。なのに惹きつけられるという、悪い男にひっかかったみたいな感覚です。さすがののばらあいこ先生です。

他にも。。。





赤松とクロ

赤松とクロ

赤松とクロ







おげれつたなか先生の「恋愛ルビの正しいふりかた」も話題になったし、「僕らの群像」「赤松とクロ」「山田と少年」も良かった。今年はホントBLが豊作で、嬉しい悲鳴。

「課長、結婚しましょう!!」は地味な表紙(失礼)なんですが、中身はすばらしくて小説を読み終えたような満足感がありました。

あと、この2冊も話題になったしおもしろかたので、どれくらいランキングに食い込んでくるか気になります。






「ちいさな島のやさしい恋」「山田君と田中課長」も密かにすごく好き。かわいいお話です。萌えの宝庫。





ただ「山田くんと田中課長」は、今までいろんなも漫画に少しずつ載せてきたものをまとめた作品なので、そういう意味ではインパクトに欠けるかも。

はらだ先生と市川けい先生も忘れてはいけません。黄色い表紙繋がり?w





「それを恋心と呼ぶのなら」8月22日発売、「よるとあさの歌」は9月17日発売とギリギリなのがどう出るか。。。

発売日が締切日(9月30日)に近いほど不利です。そういう意味もあって、はらだ先生は今回は「やじるし」のほうが上位になるかな。


どの漫画に投票するか、選ぶ時間もあれこれと予想するのも楽しいですね。やっぱり読者参加型というのはいいなあ。一般人の投票というのが、一番自分の感覚にも近くて安心できます。

追記)発売されました!

このBLがやばい!2016年度版ランキング ネタバレ感想 1位から20位

このBLがやばい!2016年度版ランキング ネタバレ感想 21位から30位

追記ここまで――――

昔の「このBLがやばい」の各年度ランキングはこちら。

このBLがやばい!2014年度版 ネタバレ感想

このBLがやばい!2013年度版 ネタバレ感想

このBLがやばい!2012年度版 ネタバレ感想

このBLがやばい!2011年度版 ネタバレ感想

このBLがやばい!2010年度版 ネタバレ感想

このBLがやばい!2009年度版 ネタバレ感想

このBLがやばい!2008年度版 ネタバレ感想 

今年はどうなるでしょうか。結果が楽しみです。

関連記事