ちはやふる29巻 ネタバレ感想です。

表紙の通り、ヒョロくんがメインの巻でした。

独特のビジュアルや言動から、ちょい役、引き立て役、キワモノ枠(ひどい)かと思わせておいて、ここへきてようやく彼の魅力がきちんと描かれました。

実力も容姿も今一歩。だけどそんなヒョロくんにしかできないことがあった。華のあるエースやカリスマ性のあるリーダーではないキャラクターの生きざまが胸に響きます。


ちはやふる 29巻

ちはやふる 29巻

ちはやふる 29巻



全国大会東京都予選決勝リーグ。各チーム横一線に並ぶ中、千早(ちはや)たち瑞沢(みずさわ)高校かるた部は宿敵・北央(ほくおう)学園との最終戦に臨む。

かるたを通じて仲間になったヒョロ率いる北央の団結力は瑞沢のそれをはるかに凌駕し!?一方、太一(たいち)は名人・周防久志(すおう・ひさし)のもとを訪れていた。

かつて自分を打ちのめしたはずの”才能”のそばで、太一が初めて掴んだ思いとは。チームの意味を知り、仲間の思いを知る団体戦。近江行きの切符をもぎ取るのは?

「ちはやふる」 29巻 末次由紀



いくつものリーダー像



太一のいない瑞沢がどことなく危うい状況の中、ヒョロくんを中心にまとまっている北央学園。

ヒョロくんはまわりをよく見て、細かな気配りで部員を励まし、自己犠牲も厭わず自分にできることの最大値を発揮していました。

かるたでぐいぐいひっぱっていくリーダーもいれば、そうではないところで部員をフォローするリーダーもいる。そしてそんなリーダーのヒョロくんを、部員たちも心底信頼している。

瑞沢とはまた違う形で部を仕上げて引っ張るヒョロくんは、やっぱりかっこよかったです。

脇キャラがこんなふうにしっかり描かれるのも、ちはやふるの魅力の一つですね。何も主役ばかりが正統化されない。

ちょっとやっかいな新入部員(田丸妹)もいる、だけどその子もチームとして一緒に戦い成長していく。圧倒的なライバル(詩暢)もいる、だけどそのライバルも進路に悩んだりしている。

多種多様さが認められているなかでチームを組むという様子は、高校生の部活動として理想的でもあるのかなと思いました。



新と千早の対戦は?



こうなると、チームを組んできた新と千早の団体戦での対戦はあるのかなとか期待してしまいますね。

チームで戦うとはどういうことか。その最高潮になりうる試合が見られそうなので、この対戦はぜひ見てみたいです。

末次由紀先生、初期のころと比べると絵柄もずいぶん変わりましたが、少女漫画っぽさを残しつつもいい意味で簡素化されてきたような気がします。

1巻の発売が2008年だったので、7年も経てば絵柄が変わって当然ですね。かるたの試合風景の迫力は、いっそう熱量が増しているように感じます。

このまま仲間とは、チームプレイとは、高校生かるたとは、というものを突き詰めていって、キャラクターたちが成長していく姿をもっともっと見たいです。

また太一と周防さんの関係や、太一の母親のことなどまだまだ目が離せません。

次回30巻も楽しみです。







ちはやふる 1巻

ちはやふる 1巻

ちはやふる 1巻



末次由紀先生のその他マンガ。



ハルコイ 1巻

ハルコイ 1巻

ハルコイ 1巻



末次由紀先生の漫画一覧

関連記事
 カテゴリ
 タグ
None